リバティベル

アクロスの第2弾パチスロ「リバティベルⅤ」

2号機「リバティベルIV」登場から実に23年ぶりw
当時打ってた人も、もはやいいお年だろうね(;・∀・)
ともかく、なかなかツボをついた機種ですね。

簡単なスペック挙げると純増約2.0枚の擬似ボーナス型ART。
下記スペック情報見てもらえば解るようにとにかくボーナスが軽く下手なジャグラーよりよっぽど遊べそう

ゲーム性も液晶ではなくドット演出を使ったシンプルなタイプ。
今のARTなんて機能多くてよくわからんよ」といった古参ユーザーにも安心のボーナス(ART)当選時にはピエロ(Mr.Do)の鼻がペカる告知系マシーンになってます。

ゲームシステムはリバベルのフルーツゲーム(小役集中)がCZと言う形で再現されていてCZ突入でリプレイ、リンゴ確率がUP。
当時噂の5ゲーム連なんかももしかしたら…!?


PV



基本詳細


ボーナスメイン契機はリプレイ。
通常ゲームリプレイが連続するほどアツい!
・3連:約30%
・4連:約40%
・5連すればボーナス確定


またCZに突入するとリプレイ確率もあがるのでボーナス当選のチャンスUP

ボーナス詳細
■EXTRA BONUS
ART250Gのピエロ揃い。純増約2枚と考えるとこれだけで500枚となるのは夢があるね。
当選確率は低いだろうけど

■BIG
・ART100Gの赤7揃い
・獲得枚数約200枚

■REG
・ART50Gの【7・7・BAR】揃い
・獲得枚数約100枚


■販売台数
販売予定台数は2,000台とかなり少いので
バラエティーでお目にかかれるかどうかぐらいレアな台数

ART詳細


■ART
ARTは1セット50G~250Gで純増約2.0枚
ゲーム数は揃えたボーナス絵柄による。

■上乗せ特化ゾーンリバースセブンラッシュ
シンプルなARTとは言え、上乗せ特化は存在。

特化ゾーンではリールが逆回転し揃ったボーナス絵柄によりゲーム数が決定。
ピエロ揃いで250G、7揃いで50Gの上乗せ。
最近のピキドコ!!+5G!!!
とかよりこういった決まったゲーム数のほうが個人的には好き。
また、7揃いは揃うラインによって秘密がある??


気になるポイント


■天井
通常時900ゲームで天井到達。

天井到達後は前兆を経由したのちに、ボーナス確定状態。
天井低いしその他の恩恵はなさそう。

パチスロ「リバティベルV」の通常時・ART時の打ち方



当時のリバベルは順押しでボーナス絵柄がテンパイしただけで
アツいって仕様だったので、往年のファンでなくとも順押しが良いかと。

■通常時の打ち方
リバティベルVリール配列

左リール枠内にピエロ(Mr.Do)を狙う。

リンゴ停止時

左リールにリンゴが滑ってきたらリンゴ狙い。

中リールは赤7下のリンゴが狙い易いけど中リール7が2つあるため見づらい場合はピエロを目安にしたほうが良いかと。
右リールのほうはフリー打ちでOK

■ART時の打ち方
ナビに従って打つのみ。
予告音発生時のみ上記通常時と同じ手順で打つ。

打ち方はこれだけですw


スペック詳細



■ボーナス合算
設定1 1/152.8 
設定2 1/145.7 
設定3 1/132.1 
設定4 1/117.7 
設定5 1/103.0 
設定6 1/87.9 

■機械割
設定1 97.6%
設定2 99.5%
設定3 102.2%
設定4 106.1%
設定5 110.3%
設定6 115.3%

 カテゴリ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事