キン肉マン3攻略
キン肉マン3~夢の超人タッグ編の天井・スペック解析の攻略最新情報まとめ。

努力・友情・勝利と少年ジャンプを体現した人気マンガが再びパチスロで登場。
今作は原作でも人気の高い「夢の超人タッグ編」がベースとなっており、登場キャラクターは100人を超える豪華仕上がり。

ゲーム性は人気を博した初代キン肉マンのDNAを完全継承!
初代のゲーム性に加えて今回はさらにタッグシステムを導入。さらにスロット用のオリジナルタッグバトルも収録されているので原作ファンならずとも楽しみにしたい。

基本情報


キン肉マン3筐体

初代肉タイプの純増2枚のCタイプ型のART特化マシーン。

マッスルタイムと超人タッグバトルをループして出玉を増やすバトルループタイプ。バトル突入までは規定ゲーム数の概念がないためハマれば美味しいゲーム性。

天井詳細


天井ゲーム数恩恵・特典やめ時
1200GART当選
状態確認辞め

通常時のコインも持ちが良いので天井数が深めに見えるが金額にすると0Gから回しても約26,000円程度で到達となる。

スペック・解析


スペック表
 ART出玉率
設定11/428.397.5%
設定21/413.598.6%
設定31/415.399.6%
設定41/383.4105.1%
設定51/372.6112.1%
設定61/357.2112.3%

設定5と6の機械割は差はほとんどなし。見ての通り初当たりが重めなので通常時は若干退屈となる。

打ち方解説


調査中
リール配列

ボーナス・ART時の打ち方


擬似ボーナスなので、ボーナス・ARTともに液晶の押し順に従って打つのみ。

ボーナス時はカットイン発生で各リールにキン肉マン図柄狙い。ART時はチャンス帯登場で中リールにドッキング図柄を狙う。

この他、演出発生時は通常時手順にて消化

ロングPV動画



通常時詳細


滞在するステージに対応するタッグ役を引くことでチャンス。
ステージタッグ役
ニューマシンガンズレアベル
超人師弟コンビスイカ
モーストデンジャラスコンビチャンス目
2000万パワーズチェリー
はぐれ悪魔超人コンビレア役

前兆+高確率ステージとなる「友情モード」はCZ・ARTチャンス。

チーム名とその組み合わせは以下の通り。
チーム名12
マッスルブラザーズキン肉マングレート
四次元殺法コンビペンタゴンブラックホール
はぐれ悪魔超人コンビアシュラマンサンシャイン
ニューマシンガンズテリーマンジェロニモ
2000万パワーズモンゴルマンバッファローマン
乱入コンビスクリュー・キッドケンダマン
ヘルミッショネルズネプチューンマンビッグザブドウ
超人師弟コンビロビンマスクウォーズマン
モーストデンジャラスコンビウルフマンブロッケンJr

CZ


キン肉マン3CZ
CZ火事場のクソ力モード悪魔の小箱
タイプ一発告知ステップアップ
G数MAX6GMAX20G
期待度約50%
詳細全小役で抽選背景色(白<青<黄<赤<虹)で示唆

ガガガガッツボーナス詳細


ボーナス一覧表
ボーナス疑似ボーナス
契機バトル勝利の一部
ゲーム数30G
詳細バトル勝利ストック獲得のチャンス

ART「マッスルタイム」詳細


キン肉マン3ART
ARTゲーム数
タイプバトルループ
ゲーム数バトル当選まで(リミットなし)
純増2.0枚

逆押しナビハズレのバトル目成立(約1/40)でバトルへと突入。バトルに突入しない限り∞にARTが続く。平均滞在ゲーム数は約5~41Gほど。3G以内の早い引きは無駄にはならず特典として特殊バトルや疑似ボーナスの恩恵がある。

レア役を引くことで勝利期待度を下記ステージで示唆。
ステージ勝利期待度
麓リング66%
ハワイリング75%
魔界リング85%
炎+キン肉マンステージ100%

超人タッグバトル


バトル目から突入するゲーム数変動型の継続バトル。
 バトル
契機バトル目
G数変動型
期待度約75%
詳細チャンス帯登場で中リールのドッキング図柄停止チャンス

悪魔将軍バトル


CZゲーム数
契機バトル勝利の一部
G数8G
期待度約40%
詳細勝利で夢の超人タッグトーナメントへ

夢の超人タッグトーナメント


 夢の超人タッグトーナメント
契機悪魔将軍バトル勝利時
G数エピソード+タッグバトル
期待度通常バトルより期待度が高い
詳細

7戦全勝で60Gのプレミアエンディングへ。

終了後は下記特化「超人必殺技」へ


超人必殺技


バトル勝利のストックを複数獲得できる上乗せ特化ゾーン。

タッグが発動すれば複数ストックチャンス。

設定判別


POINT

設定差


ARTの初当たり


設定1と6でも約1.2倍程度の差しか初当たり確率に差がない。また初当たり自体も重いので判別要素として使うにはちと心もとない。

スロットキン肉マン3


5号機低迷期に光を当てた初代キン肉マンのゲーム性を踏襲した3代目。

前作は不評の出来栄えであったが、今作は実績のある初代タイプに加えタッグバトルを組み込んだバトルループタイプで復活。

バトルに関しては原作にないオリジナル対戦も盛り込まれているので原作ファンも必見。

気になるのは初当たりの重さ。
ART中は楽しそうだが、たどり着くまでまさに修行となりそうな一台ではある。

 カテゴリ
 タグ
関連記事