パチスロ おそ松さん|D-light


パチスロおそ松さん
来年2月に導入予定のパチスロ「おそ松さん公式サイトがオープン。

まさかの液晶非搭載として登場する本機だが、推し松選択や各キャラヴォイスなどアニメファンが気になる要素がないこともない。

新規ユーザーが多いと見越してかサイト内には初めてスロット打つ人用の解説もされているので、初心者ユーザーはまず公式をチェックしてみよう。

【D-light公式】パチスロ おそ松さん PV



おそ松さんの機種PVが公開。

スペックはMAX-Aと言う名の大量獲得型のノーマル機。
液晶は搭載されておらずサングラス役物の落下やステップアップ(ヴォイス)での演出がメインとなっている。

各キャラお馴染みのセリフもバッチり収録。アニメであったトト子のあのピーセリフもまさかの収録か!?

岡崎、適合


岡崎産業から『ハッピージャックポット』が適合。

スーパーでもなくラッキーでもないハッピータイプのJP。
スペック面に変化はあるのか??

導入は2017年春頃を予定。

ホールでお裁き!!「大×越×」


 扉が開いて、ちょうちんが全灯すれば大当りというパチスロ「熊×場」の後継機が来春お披露目へ向けスタンバイ中。シンプルなゲーム性ながら、割烹着姿のクマがなんともいえない味わいをだしていた前作がどう進化するのか、A+ARTになるようです。

NETから熊酒場の後継機は前々から噂されていたけど、スペックはまさかのARTだと!?

あのまったり感とまったり遊べる仕様が良かったのだが、ARTになりどう変わってしまうのか?小熊ボーナスは健在なのか?続報が待ち遠しい。

帳簿提示拒否→消費税の追徴35億円 千葉のパチンコ店


調査を受けたのは「ヒノックス」(同県市原市、登記上の本店は愛媛県今治市)。国税当局から2014年6月期までの3年間で消費税約30億円の申告漏れを指摘された。

千葉のパチ屋が申告漏れを指摘され35億円の追徴課税。

事業者は帳簿の保管義務があり税務署から提示要求があれば開示しなければいけないのだが、このパチ屋は提示を拒否。まあ拒否するのは勝手だが拒否=無いものとして扱われるので控除は適応されず過少申告扱いとなり消費税+加算税で35億の追徴課税が課された様子。

現金商売は税務署からも目をつけられやすいし脱税ランキングでは毎年常連のパチ業界だけに今回の対応はお粗末と言わざるをえない。

 タグ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事