GⅠ優駿倶楽部PV

【公式】パチスロ「GⅠ優駿倶楽部」(ジーワンダービークラブ)プロモーションムービー



KPEの「GⅠ優駿倶楽部」ロングPVが公開。

競馬って言うとおっさん層をターゲットにしてそうなイメージだが、本機にはオリジナルキャラとして羽生まこといった調教師見習いが登場するため萌えスロ好きも振り向いてもらえるような作りになっている。

スペックはART特化機でゲーム数乗せとシナリオ管理の戦国コレクションタイプの仕様。早い話マージャン、戦コレの美味しいどこ取りした1台。通常時のゲーム性は麻雀格闘倶楽部タイプで飽きのこない楽しめる作りになっている。

詳細情報はG1優駿倶楽部(ダービークラブ)天井・スペック・設定判別にて。

パチスロ「GⅠ優駿倶楽部」(ジーワンダービークラブ)公式サイト


GⅠ優駿倶楽部公式サイト
こちらは公式サイト。

本機のウリはなんといっても実名名馬が多数登場する点。
競馬ファンならずともゲーセンなりダビスタなど競馬ゲーで遊んだ事がある人なら知ってるような有名名馬がガッツリでる。

80年代のオグリキャップや90年代ダービー馬トウカイテイオー、直近ではクラシック三冠のオルフェーヴルなどかなり幅広い名馬が登場。

実名名馬登場のリアル志向競馬スロットって事で普通に面白そうな感じではあるね。

パチスロ おそ松さん|Daiichi


おそ松さん公式
先日「ディ・ライト「パチスロおそ松さん」の筐体画像が公開!液晶非搭載機??」で筐体画像がお披露目となったパチスロおそ松さんの公式サイトがオープン。

公式ではまだ筐体画像が隠されているけどサイト内にある「東京コミコン2016」のリンク先では画像も拝見することが可能。会場のレポートも見れるので興味ある人はリンク先の記事もチェック。

モンスターハンター 狂竜戦線 | エンターライズ


モンハン狂竜戦線公式サイト
モンハン~狂竜戦線の公式サイトが公開。

題材は文句なしだが、打ち手として気になるのは新基準がコケまくってる中どのぐらいやれるのか?といった点。販売台数も多く強気なので自信はあるのだろうけど…。

パチスロで「ボッタクリ店でも戦える」2つの戦術とは


決して万能とは呼べない「備え」でも十分効果を発揮すると思うわけです。今回は、朝イチからパチスロを打つ際の、そんなお話です。

松本バッチ氏によるボッタ店でも戦える立ち回り指南記事が掲載。

新基準機が増えてきて天井の恩恵も少なくハイエナが難しい…さらに近隣はボッタ店で設定も入らない…とお嘆きの人は目を通しておきたい記事。

狙い目となるのは連チャン閉店狙いの沖ドキの高モードもしくはリセット狙い。もう1台が天井とリセットの恩恵があるGOD凱旋。

定番といえば定番だが、知ってると知ってないのでは朝の立ち回り幅に差が出るので最低限抑えておきたいのがこの2機種。

 タグ
関連記事