スロットGⅠ優駿倶楽部
G1優駿倶楽部(ジーワンダービークラブ) 天井・スペック解析の攻略最新情報まとめ。

基本スペック情報



G1優駿倶楽部筐体画像
シナリオ継続タイプ純増2.0枚ART特化機。

ART中は選択シナリオによるループの他にゲーム数直上乗せ(10G~300G)とセット数上乗せで出玉を伸ばすタイプ。

天井・恩恵


天井ゲーム数恩恵・特典やめ時
999Gレース経由後にART当選
 
333,555,777のゾロ目もチャンス

0Gから狙うと金額に計算し31,000円前後の資金が最低でも必要。

スペック・解析


スペック表
 ART出玉率
設定11/348.897.8%
設定21/342.298.4%
設定31/324.199.6%
設定41/296.4103.4%
設定51/283.1105.5%
設定61/266.7110.2%

打ち方解説


調査中

ロングPV動画



通常時詳細


育成
まずは育成馬を選び調教したのちレースに出走し勝利するのが基本の流れ。

リアル競走馬育成システム搭載と言うことで通常時は馬を育てるのも楽しみの一つ。1週間が8Gで管理されており、この間に馬を鍛えて最終調整完了後にレース出走となる。調教の育成パターンは400万種類以上と通常時でも飽きのこないゲーム性となっている。

スケジュールに登場するアイコンの詳細は以下の通り。
図柄ゲーム数
蹄鉄ARTの初期ゲーム数に影響
新聞馬の状態を報道
えさ体力増強
(鬼)調教調教ゾーン
運命をかえる??
出走出走日
ブランクコメントに注目
虹色ファンファーレフリーズ

育成区間


調教ゾーン
ゾーンゲーム数契機詳細
調教8Gチャンス目レア小役出現率がUP
鬼調教レア小役出現率が大幅にUP
温泉-ART終了後レベルアップの高確率ゾーン

チャンスゾーン


まこチャレンジ
主にチャンス目から突入するARTの直当たりCZ。
当たりからの複数ストックもあり。
CZゲーム数期待度詳細
まこ☆チャレンジ8G50%~背景で期待度示唆
連闘チャンス-レース敗北後に突入で翌週に再度挑戦

新馬戦チャレンジ


新馬戦
調教区間が終わった後はレースに出走となり勝利でARTが確定。

出走馬によっては激アツパターンも存在!?

ART詳細


G1ロード
ART「GⅠロード」は1セット30G+αで純増約2.0枚。
初期セットゲームは「蹄鉄アタック」にて決定。通常時に貯めた蹄鉄レベルで30G~300Gが決まる。

本機は戦国コレクションのように11種類からなるシナリオで管理されており、選ばれたシナリオによって毎セット事に継続率が異なる仕様。戦コレ同様にシナリオにより前半or後半継続しやすいパターンや高継続パターンなどが存在。
  • 早熟
  • 晩成
  • 3冠
  • 伝説

ART時のV揃いでセットストック確定。セットストックがある場合は100%継続以外のシナリオが選択された時に消費される。シナリオのレースは以下の通り。
セットレース名グレード
1朝日杯GⅠ
2弥生賞GⅡ
3皐月賞GⅠ
4日本ダービーGⅠ
5神戸新聞杯GⅡ
6菊花賞GⅠ
7有馬記念GⅠ
8阪神大賞典GⅡ
9天皇賞春GⅠ
10宝塚記念GⅠ
11凱旋門賞海外GⅠ

まこまこタイム


まこまこタイム
全小役で毎ゲーム上乗せの特化ゾーン。

またこの間はV揃い確率も優遇されておりのでセットストックのチャンス。W揃いならストックに加えて3桁乗せとなる。
 まこまこタイム
ゲーム数11G以上
V揃い約1/10

凱旋ロード


凱旋ロード
海外レース凱旋門賞勝利から突入する継続率88%モード。

出玉増加の起点となるモードなのでここで以下に高ループさせるかが勝利の鍵。

フリーズ確率・恩恵


  • 突入契機:プチュンのロングフリーズ時
  • 抽選確率:-
  • フリーズ期待値:-
  • 恩恵:ART11セット以上確定

ファンファーレフリーズ時はART11セットが確定。

設定判別


POINT

設定差


ARTの初当たり


本機はボーナス非搭載なので、まずはARTの初当たり部分に注目。

ただ設定1と6で約1.3倍と大きな差がないので当たりが軽いからと言って過度な期待は禁物。

GⅠ優駿倶楽部


KPEの人気機種「パチスロ麻雀格闘倶楽部」のゲーム性を継承したクラブシリーズ第2弾機。

ウリとしては実名競走馬94頭収録(育成対象馬は10頭)さえており競馬ファンならずとも一度は聞いた事があるであろう名馬が惜しげもなく登場。めぼしい名前を挙げると以下のような名馬が登場。
  • トウカイテイオー
  • ミホノブルボン
  • ナリタブライアン
  • オグリキャップ
  • テイエムオペラオー
  • シンボリルドルフ

上記のよう自分みたいにダビスタ世代にも懐かしい馬たちが揃っている。

馬だけでなく主要レースとなる
  • 日本ダービー
  • 有馬記念
  • 宝塚記念

といったG1レースはもちろん弥生賞や神戸新聞杯といった重要G2レース(トライアル)も収録。もっと言うならG1ファンファーレも再現されているので競馬場に足を運んでいる生粋のファンならつい反応してしまうのでは!?

あと注目すべき点としては調教師見習いとしてメイン萌えキャラとなる羽生まこ(CV悠木碧)が登場。ウケが良ければ今後KPE機種にも登場する可能性を秘めたオリキャラ。

競馬スロットと言われてパッとイメージするのがオリンピア平和から出た「マキバオー」があるけど、あっちはギャグマンガなんで毛色はやっぱ異なるよね。どちらかと言えばコーエー機種でおなじみIGTが手がけた「ウイニングポスト」寄りのリアル志向の競馬スロ。

スロはギャンブル系の題材とは親和性も高く客層も近い事から狙いは悪くないし普通に面白そう。麻雀格闘倶楽部同様に親父層にも支持されてそうだね。

 カテゴリ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事