スロット犬夜叉
犬夜叉の天井・スペック解析の攻略最新情報まとめ。

犬夜叉とは?


週刊少年サンデーの看板作品だった高橋留美子氏原作のアクションファンタジー。

12年に及ぶ長期連載で単行本の巻数は全56巻に。アニメ版も長期放映されていたので知名度的にはかなり高い作品。女子層にも人気があるので女子スロッター増加に繋がるかどうか。

ざっくりストーリー
現代を生きるJC日暮かごめがひょんな事から自宅神社にある井戸に落ち戦国時代へとタイムスリップするわけだが、たどり着いた時代は魑魅魍魎が跋扈する世界。そこでかごめは半妖(半分妖怪、半分人間)の犬夜叉と出会う。

この時代には四魂の玉と言う宝玉が存在しており、元々は玉を守る巫女・桔梗が管理していたのだが、とある人の謀略に合い桔梗が亡くなり玉も消滅することに。しかし、桔梗の生まれ代わりとなる”かごめ”がタイムスリップしてきたことでかごめの体内にある玉が復活を遂げる。

四魂の玉は妖怪の妖力を高めたり願いを叶える力がある事からいろいろな人や妖怪に狙われるわけだが、ハプニングで玉は砕けかけらとなり各地に散らばる事に。そのかけら集めをするのが序章のざっくりとした流れ。

中盤~後半は上に書いた”とある人(半妖)”ことラスボス奈落さんと追いかけっこするワンパターンな流れが多い。原作見たことある人なら分かると思うが
奈落を追い詰める

すべてを吸い込む必殺技(風穴)を持つ味方キャラ弥勒「風穴が使えない…

奈落を取り逃がす

このパターンを何度も繰り返すだけで正直ダレるというのが正直な所。

機種の基本スペック情報


犬夜叉筐体
  • メーカー:ロデオ
  • 販売予定台数:15,000台
  • 新台のホール導入日:2016年12月19日
  • 千円辺りのベース(回転数):約32G
  • コイン単価:2.7円

純増約1.4枚のA+ART。

ボーナスとARTのセット数・ループ継続で出玉を伸ばすタイプ。

天井・恩恵


天井ゲーム数恩恵・特典やめ時
CZ5回スルー時(CZ6回目に突入)ゲーム数換算で約1400GART当選
 

スペック・解析


スペック表
 ボーナス
合算
ART初当たり出玉率
設定11/295.21/449.897.7%
設定21/419.398.6%
設定31/282.51/415.4100.7%
設定41/268.61/352.2104.2%
設定51/262.11/306.8108.2%
設定61/250.11/280.1112.5%

打ち方解説


調査中

ロングPV動画



通常時詳細


四魂の玉
  • 湖畔ステージ
  • 森林ステージ
  • 夕方ステージ
  • 夜ステージ

通常時は本機のキモとなるかけら図柄を揃える事でCZやボーナスを抽選。ステージが上位なほどかけら揃いの確率がUP。

CZ「挑戦ノ刻」


レア役もしくはかけら図柄の約25%で突入するチャンスゾーンで期待度は約40%。

1セット10G+αでこの間小役でポイント獲得(最大36P)しポイント数に応じてバトル勝敗期待度が変化。

ボーナス詳細


ボーナス一覧表
ボーナス獲得枚数詳細
鉄砕牙RUSH純増204枚

ARTストック7個

七図ノ鍛錬7揃い平均4.5個
BIG
大ボーナス

7揃いでART

REG
犬ボーナス
純増54枚CZストック・セットストック抽選

ART詳細


  • 夕闇ノ森
  • 夜ノ平野
  • 月夜ノ平野
  • 瘴気ノ夜
  • 現代(活劇タイム期待度UP)

ART「四魂DASH」は1セット平均50Gで純増約1.4枚。
ストックとループ(4段階25%・50%・66%・80%)で出玉を伸ばすゲーム性。

前後半のパートに分かれており、前半パート(平均45G)では継続示唆、後半パート(平均6G)ではバトル勝利で継続となる。

活劇タイム


1セット8G+α継続の絆ルーレット獲得のチャンスゾーンで期待度は約50%。

演出が成功する事で下記3種類いずれかの恩恵あり。
絆ルーレット
恩恵詳細
四魂DASHセットストック
四魂DASH活劇セットストック+活劇タイム
四魂DASH超活劇セットストック+超活劇タイム

超活劇タイム


恩恵は約80%継続のセット数ストック。

エピソード


31G固定のセット数ストックとかけらの高確率ゾーンでエピソードは全6話。

活劇タイムや次回予告演出の一部から突入。

フリーズ確率・恩恵


  • 突入契機:フリーズ発生時
  • 抽選確率:-
  • フリーズ期待値:-
  • 恩恵:鉄砕牙RUSH

設定判別


POINT

設定差


ARTの初当たり


判別の目安にしたいのがARTの初当たり部分。設定1と6では約1.6倍の差があり。

パチスロ犬夜叉


ロデオ久々新台+スロットでも「うる星やつら」「めぞん一刻」と実績の多い高橋留美子作品って事で年末機種の目玉となる1台。

ロデオ機はサラ金、カイジ、モンハンとハズレ機種が少なく良機が多いメーカーだが、中でも5号機で人気が高いのが新鬼武者。今作犬夜叉はボーナスとARTのバランスのとれたタイプでボナ引きつつARTで増やす鬼武者に近い王道スペック。慣れ親しんだゲーム性と言うこともあり、そこまで大コケはないと信じたい。

 カテゴリ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事