マハラJA

「マハラJA」検定通過/デンケン販売 | パチンコ・パチスロ業界ニュース『遊技日本』


デンケン販売から「マハラJA」が検定通過。マハラジェーエーじゃなくてマハラジャって読むのかな??

さて、デンケン販売ってメーカー聞いたことがない人も多いかもしれないが、このメーカー九州(大分)初となる回胴式遊技機メーカー。今までに3機種ほどスロット機を出している。

発売した機種はいずれも完全告知機なので、今回も告知タイプノーマル機が濃厚か!?過去作品が気になる人は公式ページ(株)デンケン販売 九州初の回胴式遊技機メーカー_トップページを覗いてみよう。

やはり登場は年末?


以前より噂に出ている『●ジリス●』のシリーズ最新機種ですが、スムーズに適合が進めば年内発売の予定?という情報を再度キャッチしました。

ユニバの「バジリスク3(仮)」は適合次第ではあるけど、2016年度中に登場予定。9月のまどマギ2を考えるとやっぱ年末にぶつけてくるかね。

スペックはART機だろうけど、演出面はどうするのか?ネタは使い果たしてるだろうし、どう見せてくるかが見もの。

北斗の拳修羅 | 常時山本


北斗修羅パンフ
■メリット : 全面液晶でインパクト大。
        Fと転生を合わせた感じで触り易い。
        3キャラクター選択可。

■デメリット : この画の粗さは故意ですよね!?
         出てくるキャラクターがねぇ・・・

10月導入「北斗修羅」の資料画像が掲載。

販売予定台数8万台と久々大型入れ替えとなりそうな1台。今回はファンが待ちわびた新章「修羅の国篇」そしてシステムは実績のある強敵、転生から引き継いでいるので大ゴケする要素は見当たらない。

9月にはユニバからまどマギ2も控えているし当面はこの2機種の独壇場になりそうね。

【ウワサ】「CRお×けら×ど」今秋にも登場!? - その他 - SANSPO.COM(サンスポ)


はぎ取りチャンスなどの演出で現在も人気のあるパチスロ「モ×スタ×ハ×ター」の続編が年内導入に向け着々。業界が熱視線の注目機種。おそらくARTでの登場!?

年内注目機種はなにもまどマギ、北斗だけではない!

ゲーム界の雄モンハンも年内に控えている様子。スペックはやはりARTが濃厚。個人的にはロデオモンハンのほうが好きだけど今回もエンタモンハンかな?

国会でも批判の「パチンコ屋にATM」 設置会社に元財務省事務次官


都内のとある駅前のパチンコ屋に入ってみる。するとパチンコ台の手前にATM。見ている間に客が“軍資金”を引き出してゆく。世間では、ギャンブルで年金を使い果たした挙句、焼身自殺するなどのニュースが後を絶たないのに、心配になってしまうほどだ。

パチ屋にATMを設置している店舗を見て「金下ろしに行く手間が省けてラッキィー」と思う人もいれば「どんだけしゃぶり尽くす気だよ…」と思う人もいるかと。

ホール内では表面上「適度な遊び程度にしましょう♪」なんてポスター貼ってたりしてるが、ATMを見ると熱くなった客の囲い込みにしか見えない。軍資金が無くなり金を下しに外に出て空気を吸えば少なからず冷静さを取り戻したりもするだろう。またゲン直しに他店へ移動したりするケースもあると思う。しかし店舗内にATMがあるとそんな熱が冷める間もなくツッパなんて事になりかねない。

そんなATMだが元をたどると設置してる会社の社長は元財務省の事務次官だそうで国会でも批判が相次いでいるようだ。まあ設置しようがしまいが使う人は外で下ろしたりサラ金行ったりするわけで一概に悪とは言えない部分はあるけどちょっと露骨な感じはある。せめて店舗の隣とかならもうちょっと違うかもね。

テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事