北斗の拳~将2
サミーの最新台「北斗の拳将2」の打ち方の解説やスペック解析・設定判別の攻略情報のまとめ。

2008年に登場した「北斗の拳2ネクストゾーン将」の正統後継機が登場。当時は稼働貢献85週とロングヒットを見せた実績のある機種。あの伝説の7777Gハマり事件でも有名な機種だよねw

ともあれサミーのノーマル機はこの他『桃太郎電鉄』や『うる星やつら2』など評価の高い機種が多いだけに久々のノーマル機ってこともあり期待したい所。

北斗の拳将とは?


2008年にサミーから登場したノーマルタイプ(+RT)同時期に登場した『ネクストゾーン闘』とは別物。

北斗のスピンオフ的な位置づけで主役はユリアと南斗五車星による演出がベースとなっている。ラオウやケンシロウももちろん登場するがメインは南斗勢。まあ五車星じゃなくラオウが勝つとボーナスなんだけど…。

ともあれ、作りこまれた演出と甘めのスペックで長期稼働の実績がある1台。

基本スペック詳細


  • メーカー:サミー
  • 販売予定台数:10,000~15,000台
  • 新台の導入日:2016年7月4日
  • 1k(千円)のベース:約35G
  • コイン単価:約2.0円

告知タイプが選択可能なノーマルタイプ(+RT)

RTはオマケ程度なので基本ボーナスの連打で出玉を伸ばすゲーム性。天井に関しては前作はBIG後999G、ミドル後666Gといったハイエナ機であったけど今作は天井非搭載の青天井なので間違いのないように。

天井・恩恵


天井恩恵狙い目やめ時
非搭載なしいつ辞めてもOK

スペック・解析


今作は同時期導入の「A-SLOT 偽物語」同様に4段階設定に変更。初代将と比べると下が甘くなって上が辛くなっている感じ。小役完全獲得やボーナス成立時揃えなど完璧に行えば設定1でも機械割100%超えるらしいが…。個人的には無印版ぐらいが遊びやすく丁度良い感じだったが今回の変更が吉と出るか凶とでるか。
スペック表
 BIGREG合算出玉率
設定11/267.51/409.61/161.897.7%
設定21/260.11/383.31/154.999.9%
設定51/241.81/358.11/144.4104.5%
設定61/220.71/339.61/133.7110.1%

北斗図柄揃いに関しては全設定共通約1/8192で次回ボーナスまで継続。

打ち方解説


リール配列北斗シリーズってことで本機にも王道の中押しが存在。下記では通常の順押し手順と中押し手順を紹介。

順押し


左リール枠上~上段にユリアBAR絵柄を狙う。

チェリー停止時

左リールの角にチェリーが停止したら中右リールともにフリー打ちでOK。

  1. 角に停止で弱チェリー
  2. 中段に停止なら強チェリー

POINT
※お得な打ち方としては中段チェリー成立時に普通に目押しすれば2枚役となるが、あえて左下の角チェリーで取れば4枚の払い出しとなるのでお得。狙い方としては白BARを中段にビタ押しで角チェリーとなる。

左リール上段スイカ停止時

左リールにスイカが滑ってきたら残りリールには北斗図柄を目安にしてスイカをフォロー。

  1. 右下がり揃いで弱スイカ
  2. 上段揃いで強スイカ
  3. スイカハズレでリーチ目

※左リール中段までスイカが滑ってきた場合は強スイカとなるので上記手順でフォローしよう。
BAR下段停止時

この場合中、右リールともにフリー打ちでOK。

中押し



中リール枠上~上段に北斗図柄を狙う。停止系により下記のように打ち分ける。

北斗中段停止時

POINT対応役:リプレイ・角チェ、中段チェリー
右リール適当押しでリプレイが上段テンパイならリプレイ。それ以外の停止系の場合はチェリー確定となるので左リールにユリアBARを狙おう。角停止なら弱チェ、中段停止なら中チェとなる。

北斗上段停止時

POINT対応役:強弱スイカ
右リールに北斗を目安にしてスイカ狙いし左リールは青7図柄を目安にしてスイカを狙おう。
  1. 斜め揃いで弱スイカ
  2. 中段揃いで強スイカ
  3. スイカハズレでボーナス


中段ベル停止時

POINT対応役:ハズレorベル
この場合残りリールはすべて適当押しでOK。ベルが揃えばベル、揃わなければハズレとなる。

北斗下段停止時

POINT対応役:北斗揃い濃厚
本機激アツの1確目!目押しミスがなければこの時点でボーナス確定となり、なおかつ北斗揃いが濃厚となる。

ボーナス時の打ち方


BIG中は技術介入をすることで最大枚数311枚が獲得可能。

手順としては『いざ勝負』と予告音が鳴ったら左リールに青7、中右リールに北斗を狙いスイカ(14枚)を獲得。『ピキーン』の予告音が鳴ったら左リールにはユリアBARを狙いチェリー(15枚)を獲得するだけ。

REG時は技術介入はなくすべてフリー打ちで消化して問題なし。

打ち方については動画で確認したいって人はこちらの記事で通常時・ボーナス時それぞれの打ち方を解説しているので「北斗の拳2将 打ち方解説や各種モードについての動画まとめ」をチェック。

動画



通常時詳細


通常時は固定ステージではなくユーザー自身でメニューから好きなモードを選択可能。長時間のプレイで飽きる事なく好きに選ぶ事ができ計6種類ものモードが搭載。
モード一覧表
モード告知タイプ詳細
ノーマルオーソドックス強敵同様のノーマルステージ。ラオウステージや稲妻ステチェンなど従来の北斗を楽しみたい人はこちら。
ハート通常演出メイン連続演出を経由しないいきなりボーナス当選するモード
シュウ連続演出こちらは逆に連続演出を経由して告知するモード
ジャギレア役完全告知レア役でのみ連続演出が発生
ケンシロウ完全告知

レバー点灯や役物始動で告知

伝承期待度告知レア役で『ひでぶ』を獲得し数に応じて期待度を示唆。

※稲妻ステージチェンジは3種類存在。
細稲妻<太稲妻<キリン柄稲妻となっている。

ボーナス詳細


本機ではボーナスを揃えた際に出るオーラの色は重複役を示唆している。
・チェリー重複:赤オーラ
・スイカ重複:スイカオーラ

またこの際にプッシュボタンを押すことで小役の入賞ランプにて実際に当選した小役を告知。これが矛盾していると高設定示唆にもなるので是非確認しよう。
ボーナス一覧表
ボーナス図柄獲得枚数詳細
北斗揃い北斗図柄最大311枚次回ボーナスまでRT継続
BIG赤7、青7、異色揃い-
REG7・7・BAR揃い(赤・青2パターンあり)104枚-

前作同様に北斗揃いは次回ボーナスまで純増約0.2枚のRTへ突入。ボーナス消化後は『闘神ステージ』へ移行しバトル演出発生でボーナスチャンス。

期待度に関しては【シン<サウザー<リュウガ<ジャギ】の順になっている。

プレミア


  • 突入契機:北斗揃い時
  • 抽選確率:1/8192
  • 期待値:最大311枚+α(RT継続次第)
  • 恩恵:BIG+次回ボーナスまでRT継続


設定判別


POINT

設定差


ボーナスの初当たり


ノーマルタイプなのでまずはデータカウンターを頼りにボーナス合算の軽い台を目安に立ち回り。
設定異色BIG
11/16384
2
51/3277
61/1638

また異色BIG(赤7・青7・黒BAR)はかなりの設定差があるので一度でも引けたら粘る価値あり。

レア小役確率


設定ベル中段チェリー弱スイカ強スイカ
11/7.31/1311/58.01/655
21/7.21/1301/56.71/624
51/6.81/1251/53.31/546
61/6.71/1231/52.21/524

中段チェリー
+強スイカ
設定11/10.9
設定21/8.7
設定51/10.9
設定61/8.7

通常時、BIG時のレア小役にそれぞれ設定差あり。

設定示唆


北斗設定示唆
BIG終了後は液晶画面の右下に注目。
上の画像の位置にサミートロフィーが出現する場合があり、この色によって設定示唆が行われている。
示唆一覧表

設定示唆
2以上
キリン5以上
レインボー6確定

BIG入賞時のオーラ
BIG時の画面に注目。
ケンシロウのオーラの色で設定示唆が行われており『虹』なら2以上が確定。あんま嬉しくない示唆だけど一応覚えておきたい。また高設定ほど色矛盾が起きやすいのでこれらもチェックしておこう。
オーラ色示唆
単独当選
リプレイ重複
ベル重複
スイカ重複
チェリー重複
リーチ目重複
設定2以上確定

REG中キャラ


キャラ示唆
モヒカン雑魚キャラ2以上確定
ジャギ高設定(5,6)示唆
アミバ

バケを引いた際は敵味方それぞれ4キャラクターの紹介画面が登場するが上記キャラクターが出現した場合はチャンス。

 カテゴリ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事