真田純勇士2

7月までには?:チャーリー・ロドリゲス・湯谷の業界ウワサ話Z:777@nifty


人気機種『真田純勇士』のシリーズ最新パチスロ機が開発されているようで、適合すればすぐにでも発売されるのでは?という情報をキャッチしました。

ニューギンの人気?機種「真田純勇士」の続編が登場か!?

ちなみに初代真田純勇士はノーマルタイプで次作となる真田純勇士すぺしゃるはART機。ノーマル機の機運が高まっているので初代の後継機「真田純勇士2」として出るのかな??

ニューギンさんは、この間ひさびさに新台「キュインハナチャン」出したけどなんのひねりもない台で迷走感しか漂ってこない。なので、この状況を打破する1台となることを願うばかり。なんだかんだ「真田純勇士すぺしゃる」はいまだバラエティーで置いてる店もあるしポテンシャルはある!はず…。

追伸:2016年7月4日に真田純勇士ラブストライク|スロットが登場!

【速報】アステカ太陽の紋章検定通過/プロジェクションマッピング新筐体にも注目 | P-media Japan


エレコから「アステカ太陽の紋章AE」が検定通過。

世間でも一時期話題となったプロジェクションマッピングを搭載した新筐体に注目が集まるところ。パチスロ新時代の幕開けとなるか!?

4号機のアステカ打ってた層から言わせて貰えばアステカに液晶なんぞいらないと思うのも正直なところなんだけどね。

「沖ドキ!トロピカル-30」登場!|ユニバフリーク


沖ドキトロピカル比較
先月頭に導入した「沖ドキ!トロピカル」の30パイVerが導入スタート。

コインの大きさはもちろんの事それぞれのパネルではハナちゃんの水着や○○に違いがあるぞ。上のパネルで違いが見つけられない場合は記事内にて違いを確認。

安倍首相とパチンコ大手・セガサミーHD社長の密接な関係に迫る - ライブドアニュース


新たな収益源と見込んだのがカジノ関連事業である。カジノの専用遊技機を開発中で、世界各地のカジノに売り込む方針だ。カジノの運営に本格的に進出するのは、専用機器を売り込む一環とみられている。

一度廃案となったカジノ法案。安倍ちゃんとサミーがべったりなのは公然たる事実なわけだが、今後の動きはどうなる!?
パチ・スロ終わったwww
なんて事は前々から言われておりそれを一番に実感しているのが、業績低迷を目の当たりにしてるメーカーサイド。このまま指を加えて見ているわけじゃなく以前からカジノ方面に力を入れているのがサミーやユニバといった大手。安倍ちゃん自身もカジノ法案は力を入れているところなので実現する日も近いのかもね。

こちらの記事にはそれぞれの思惑や流れなどについて書かれているので詳細を把握したい人は是非目を通しておきたい。

「勝ち勝ちくん」の貸し出しで話題になったホールが閉店w : パチパチマニアックス


換金率(交換率)を変更。
10枚交換から、いくつか分からんけど等価に近い感じにしたっぽい

昨年末の「等価禁止令」がきて換金率を更に変更(?)

2016年1月31日に閉店。
という流れだったみたいです。

10枚交換に勝ち勝ちくん貸与と目新しいサービスで2014年にグランドオープンした「りっちらんど戸越公園店グルグル王国」が早くも閉店…。

サービスは良くてもやはりスロットで一番大事なのは設定状況。いくら勝ち勝ちくん貸してもらっても設定入ってなければなんの意味もないわけだが、内情はどうやら中間の騙し騙しの営業で客にそっぽ向かれたのが原因の様子。

この辺のさじ加減は難しいところで「入ってるかも?」と思わせる期待感を持たせつつバランス取っていかないと客離れの原因になるもんな。一度ダメな店とレッテル貼れれると挽回は厳しい。ちょっとエサ撒いた程度では客戻ってこないし長期の餌付けするには資金がかなり必要となってくる。スタート時の方針間違えてコケちゃうとやっぱ短命に終わっちゃうとこ多いね。

テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事