ルパン初打ち
平和オリンピア「パチスロルパン三世ロイヤルロード~金海に染まる黄金神殿~」の初打ち実践の感想や評価記事のご紹介。

『パチスロルパン三世ロイヤルロード~金海に染まる黄金神殿~』【設定6】試打レポート|【一撃】パチンコ・パチスロ解析攻略


連チャン
設定6を打たせて頂きましたが、非常に楽しかったです。

通常時は基本はCZからのAT当選を目指すゲーム性ってところですかね。

そして、AT中は何となくパチンコっぽい感じがいたしました!

固定枚数(100枚)でどんどん継続をさせていくってのは、20連したら2000枚だ!!

みたいな感じで枚数を勘定し易いのは、すがしょー的にGOODです。


通常時、メニュー画面から下パネルカスタムを選択し、好きなパネルを選べるのはとても良いですね。


ルパン3世・初打ちは3度目の正直なルパンザチャンスでタイプライター予告からのロイヤルロード|パチスロ攻略・リーマンプロの負けない立ち回り!


強チェリー
初打ちになった

ルパン3世ロイヤルロード

重くて純増がスピードが速い

枚数管理型AT

客が箱を使ってないのも頷けますわあせる

楽しみにしてたので、ちょっぴり残念な感じです(´・ω・`)

ルパン3世ロイヤルロード初打ち感想は「CZに当たってもカウンターリセットする産廃」


マジカルハロウィン4で酷評だった「CZのCZ」がルパン三世で堂々復活しました。
通常時を退屈させないために、そういう仕様もアリだとは思いますが、「CZのCZ」に見えないゲーム性を考えるべきだったと思います。

それと典型的な「通常時3時間、5分で終わるAT」です。
そういう悪口を書くとメーカーは純増を0.5枚くらいに落として最低でも10分続くARTを作って来そうですが、負けた客の納得感は全くない台だと言えます。

この納得感というのはパチンコ・パチスロにおいて非常に重要な要因です。


ルパン三世ロイヤルロード 天井狙い実践と初打ち感想・評価 | 不動産屋がスロットはじめました


リムジンステージ
筐体はパネルが液晶なので、ものすごく綺麗です!

昨今のパチスロ機の筐体の進化はすごいものがありますが、新基準というスペックがしんどい。

CZをREGとしてカウントしてくれるというデータカウンターの仕様上、天井も狙える感じではあります。

また、解析でCZ当選率、AT直撃当選率にそこそこの設定差があるみたいです。


ルパン三世ロイヤルロード打った感想「ボーナスクソ重だがAT中は面白い」-スロット・パチスロ


パトランラン
とりあえず投資5k
回収69kフィニッシュ
ATは面白い

czは外すと凹む、バジ2もそうだったが凹む

結論
凡台

関連記事