デッドマン・ワンダーランド天井
北電子の新台パチスロ「デッドマン・ワンダーランド」天井・スペック解析の攻略情報まとめ。

「交響詩篇エウレカセブン」作者の次の作品となるデッドマンがスロット化!
エウレカの流れでサミーから登場かと思いきや手掛けるメーカーはジャグラーでお馴染み北電子。

「おとめ妖怪 ざくろ」「萌えよ剣」などアニメタイアップARTにも最近力入ってるけど、版権が若干マイナー気味。今回デッドマンもエウレカと比較するとやっぱ知名度は低め。監獄サバイバルアクションといったジャンルに加えエウレカのオマージュもあるので見どころはあるので演出に期待。

機種の補足情報


  • メーカー:北電子
  • 最新台の販売予定台数:6,000台
  • 新台の導入日:2015年10月19日
  • 1k(千円)のベース:約34G
  • コイン単価:約2.9円(設定1)

ノンペナルティータイプの純増約1.6枚(ボナ込み1.9枚)のA+ART機。

ボーナスとARTで出玉を伸ばしていく初代エウレカに近い感じのスペック。これといった新機能があるわけではないけど慣れ親しんだ解りやすいゲーム性。

デッドマン・ワンダーランドとは?


水無月
月刊少年エースで連載されていた漫画版『交響詩篇エウレカセブン』をてがけた片岡人生、近藤一馬の両氏による次作品。

監獄サバイバルと聞くとヤンマガで連載しアニメも絶好調の「監獄学園」をつい連想してしまうが、こちらは残虐描写も多くグロ系な作品…。ワンダーランドと聞くと楽しいアミューズメントパークを連想するがこちらは残酷なアトラクションがウリの完全民営化の刑務所。系統的にはエルフィンリートとか好きな人にはズッパシ合ってるかも。

主人公はエウレカ同様14歳の少年。ネタバレはしないがヒロインを救うといった構図は五十嵐 丸太=レントン、シロ=エウレカに似ている。
上のアイキャッチ(水無月)画像を見てもらえばどんな作品か想像にたやすいかと。
ストーリー

10年前に東京を襲った大災害「東京大震災」により長野県へ疎開していた五十嵐丸太は、クラスメイト達と平凡な生活を送っていた。しかしある日、丸太の通う中学校に「赤い男」が現れたことで彼の運命は一転することになる。
「赤い男」によってクラスメイト達を目の前で殺された丸太は、何故かクラスメイトを殺した犯人に仕立て上げられ、無実の罪で死刑を宣告されて完全民営化刑務所「デッドマン・ワンダーランド」(以降、「DW」)へ送致されてしまう。そこで丸太は自分が「赤い男」の手により「罪の枝」と呼ばれる特殊能力を持つ人間「デッドマン」になっていたことを知り、やがて幼馴染みの少女シロとの再会、そして他のデッドマン達との戦い・交流を経て「赤い男」を巡る陰謀に巻き込まれていくことになる。
引用元:wikipedia



ロングPV・試打解説動画




基本スペック詳細


通常時詳細


  • 通路ステージ
  • 中庭ステージ
  • 管制室ステージ(高確率!?)
  • 夜景ステージ(前兆!?)

通常時はレア役からボーナス・ART・CZの抽選を行う。

ドッグレースショウ


期待度約40%の自力解除ゾーン。

毎ゲームすべて役で抽選を行っており最終的に4つのステージを突破すればART確定。シロが登場のチャンスアップも!?

ボーナス詳細


ボーナス絵柄ゲーム数詳細
BIG
赤7・紫7揃い約150枚獲得カットインの登場キャラが多いほどシロ7揃いのチャンス。白7が揃い・フリーズ発生でART。ART中の白7揃いはセット数ストック(1~5個)
REG異色揃い8G赤・金背景でレア役を示唆。通常時はART抽選をART中はゲーム数の上乗せを抽選。

BBには「SHINY SHINY」「One Reason」「COIN DROP」「子守唄」の楽曲を搭載。

G-RUSH詳細


デッドマンワンダーランド ART
ART「G-RUSH」は1セット40G+αで純増約1.6枚。

ゲーム数上乗せや継続抽選で出玉を伸ばすゲーム性。
継続抽選は押し順ベル以外で行っている。

首錠カウントダウン


5G間全役にて抽選される引き戻しゾーン。

上乗せ特化ゾーンの詳細


G-RUSH CROW


ART中のボーナス当選など継続当選が確定すると昇格するゾーン。

突入時点で次回継続が確定の他、特化ゾーンの抽選や次セットの上乗せ抽選(乗せたGは次セットのG-RUSHに付与)が行われる。

G-RUSH OWL


押し順ベル4回当選するまで継続する上乗せ特化ゾーン。
【アップ・叫び・回想】で上乗せ期待度を示唆。

主な当選契機は上記CROWのレア役で突入し終了後は再度CROWへ。

レチッドエッグ(原罪)ゾーン


10G継続のセット数ストックの特化ゾーン。

規定ゲームの間に白7が揃うことでストック確定。さらにデットマンチャレンジ発生で複数上乗せにも期待。

突入契機は通常・ART問わず白7が揃えば突入。ダブル揃いの場合はさらに高確率の上位版が選択。

デッドマンワンダーランド 天井ゲーム数や恩恵


■天井
ボーナス間1,155G+最大32Gの前兆経由後。
■天井の恩恵・特典
ART5個をストックと最近の機種にしては恩恵はそこそこ。
■やめ時
ボーナス後は高確率移行にも期待できるので即ヤメせず移行の様子を見た後ヤメ。
変更後の挙動
 設定変更後電源オンオフ
天井までのゲーム数リセット引き継ぐ
内部モード再抽選

モード移行率
設定低確率通常高確率超高確率
170%5%20%5%
268%22%
366%24%
460%30%
558%32%
655%35%

打ち方やレア小役の出目


リール配列※ノンペナルティータイプなので逆押し・中押しの変則可。

左リール枠上~上段に黒BAR絵柄を狙う。

チェリー停止時

左リールの角にチェリーが停止したら中右リールともに赤7絵柄を目安にチェリーを目押し。

  1. 2連で弱チェリー
  2. 3連チェリで強チェリー
  3. 中段に停止した場合は中段チェリー


左リールスイカ停止時

左リールにスイカが出現した場合、中リールはいずれかのボーナス絵柄(白、赤、紫)を狙い右リールは赤or紫を目安にスイカ狙い。

  1. スイカ揃いでスイカ
  2. スイカハズレでチャンス目
  3. 中段ベル揃いで共通ベル


BAR下段停止時

この場合中、右リールともにフリー打ちでOK。

中段【リプレイ・リプレイ・ベル】の形でチャンス目。

ボーナス・ART時の打ち方


ともに逆押しカットイン発生時は各リールにシロ7を狙う。
あとは押し順に従って消化し演出発生時は通常時手順で消化。

フリーズ確率や恩恵


フリーズ当選確率は約1/32768。
恩恵はBIGボーナスに加えてARTのストックが5個。

純増が低いのでさほどプレミア感が強いわけでもなく期待値は約1700枚ほど。

デッドマンワンダーランドのスペック・解析


スペック表
 BIG確率REG確率合算ボーナス+ART合算出玉率
設定11/364.11/728.21/242.71/157.997.8%
設定21/360.11/697.21/237.41/150.298.9%
設定31/356.21/668.71/232.41/146.7100.8%
設定41/352.31/642.51/227.61/131.7103.9%
設定51/348.61/618.31/222.91/116.1108.5%
設定61/344.91/595.81/218.51/107.8110.9%

設定判別


  • 中段チェリー+REGの重複で設定4以上の高設定確定
  • 強弱チェリーに設定差あり
  • ART中のハズレに大きな設定差あり

上記それぞれに判別ポイントがあるので覚えておきたい。
中でもART中のハズレ(準備中除く)にはかなり差があるのでハズレが出たら高設定期待度が高まる。
詳しい数値や詳細についてはデッドマンワンダーランド 設定判別まとめを参照。

 カテゴリ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事