スロット新台
2015年に導入したスロットの新台を一挙総まとめ。
そういえば、あんな機種もあったな~」と懐かしむも良し、今度の新台情報をチェックするも良し。

機種のおおまかな情報や簡単なコメントを添えて2015年に導入したパチスロ機種を紹介。
2016年度版は新台スロットの情報一覧【2016年度版】にて。

スロット新台一覧


12月 新台スロット


秘宝伝 伝説への道


  • メーカー:大都技研
  • 導入日:2015年12月21日
  • 販売予定台数:25,000台
  • 仕様:新基準A+ART
  • 詳細:秘宝伝~伝説への道

秘宝伝 伝説への道
秘宝伝~太陽~以来久々のシリーズ新作。

今作はボーナスはプレミア役的な役割でメインはART(+MB)で出玉を伸ばすゲーム性となっている。主人公側のキャラは一新されているけどクレアやミサイル団などお馴染みのメンバーは今回も継続。

天井は低くMB自体は軽い仕様なのでバジ絆のゲーム性が好きな人やとにかく当てたい!って人には最適。


リノNGTCC


  • メーカー:山佐
  • 導入日:2015年12月7日
  • 販売予定台数:5,000台
  • 仕様:RT搭載のノーマル機
  • 詳細:リノNGTCC

「スーパーリノ」の5G連で名を馳せた名機リノ復活!

他社に真似できない連チャンシステムその正体とは一体!?
100G以内のボーナス連チャン率は77%と一撃性能を兼ね揃えたノーマル型。

PVや公式も公開しないといった徹底ぶりだが、出来栄えはいかに??

エヴァンゲリオン魂を繋ぐもの



エヴァンゲリオン魂を繋ぐもの
エヴァのパチスロも今回で10作目。

今回は原点回帰を掲げたボーナスを主体としたノーマル機で登場。
ウリとなるのがBIG一律約400枚と現行機の中でも飛び抜けた獲得枚数を誇る。ジャグラーが大量獲得機なんて言われて久しいがA400が帰ってきたからにはもうそんなことは言わせない!

まあその分ボーナス確率は重くなってしまうけど、天井も搭載されているし以前同様にハイエナ機としても優秀なのは間違いない。

11月 新台スロット


スーパーブラックジャック2



スーパーブラックジャック2
ネット界のアイドルRioが帰ってきた!

本機は4号機に人気を博した「スーパーブラックジャック」をベースとした原点回帰の機種。

もちろん「SBJ」の代名詞ともいえる『ストックタイム』は完全再現され5号機で蘇っている。またリーチ目にもこだわっており、あらゆる場面で突如降臨するリーチ目にも注目。良い意味で4号機時代の雰囲気を残し再現された機種なので当時打ってたユーザーにも注目の1台。

鬼武者3時空天翔


  • メーカー:サミー
  • 導入日:2015年11月16日
  • 販売予定台数:30,000台
  • 仕様:AT機
  • 詳細:鬼武者3時空天翔

鬼武者3時空天翔
ロデオの看板機種『鬼武者シリーズ』がサミーより登場。

今回の題材は4号機にてスロット初登場となった『3』を採用。
ただ原点回帰といったことでなくシステム面はまったく別物なので711枚出てきて下皿溢れちゃうといったようなことはない。

大きな変更点としてはメインATに繋がるプチAT『斬魔一閃バトル』が起用され通常時の暇感を緩和している。

銀と金2


  • メーカー:タイヨーエレック
  • 導入日:2015年11月16日
  • 販売予定台数:5000台
  • 仕様:周期タイプA+ART機
  • 詳細:銀と金2

銀と金2
『供託金』システムでユーザーを虜にした『銀と金』再び!

今回も勝てば天国、負ければ地獄(ゼロ)とギャンブル的要素の強い仕様で人気の供託金もパワーアップして登場。

勝負の分かれ目は以下に供託金でガツン!と仮上乗せして勝利を勝ち取るかがポイント。仮の上乗せなのでいくら大量乗せしても負ければゼロと絶望度も半端ない。

ああっ女神さまっ


  • メーカー:ディ・ライト
  • 導入日:2015年11月16日
  • 販売予定台数:3000台
  • 仕様:天井非搭載型のA+ART機
  • 詳細:ああっ女神さまっ

ああっ女神さまっ
「逮捕しちゃうぞ」でお馴染み藤島康介氏の人気マンガがスロット化。

以前「逮捕しちゃうぞ」が5号機でIGTから出たけど本作はディ・ライトから。新規描き下ろしとなっていてファン必見!といいたいところだが販売数が少ないのが残念なところ。場所によっては導入はないかも…。なので見かけたら記念に打ってみるもあり、ただ天井が非搭載なのでこの点のみ注意。

ゴッドイーター荒神Ver


  • メーカー:山佐
  • 導入日:2015年11月16日
  • 販売予定台数:4000台
  • 仕様:純増約2.7枚AT機
  • 詳細:ゴッドイーター参照。

荒神
同年5月に導入した「ゴッドイーター」の別スペックVer。

純増、初期ゲーム数、獲得枚数などがUPし初当たりや天井などが重くなった文字通り荒々しい波の激しいスペックへと変貌。

基本部分は無印と同様と云えど甘く見ていると天井一直線な機種なので無印と同じ感覚で打ってると痛い目にあるやも!?

ヤッターマン


  • メーカー:三洋
  • 導入日:2015年11月9日
  • 販売予定台数:25.000台
  • 仕様:純増約2.0枚のART機
  • 詳細:ヤッターマン

ヤッターマン
子供の頃に夢中になって見ていた!って人も多そうなタツノコプロの名作「タイムボカンシリーズ」からヤッターマンが登場。

4号機~5号機ではスピンオフのドロンジが平和から登場し、同平和から以前ヤッターマンが出てたけど今回は三洋からの登場。

今回の目玉はユーザー自身による完全ガチ抽選となる『リアルアナログルーレット』レバータイミングはユーザーに委ねられ役物によるアナログ抽選をメインとした機種。すべての工程は視覚化されており、ドキドキしながら結果を待つのは羽根物好きにはたまらない!

このルーレットはART抽選、上乗せ、継続抽選とあらゆる場面で活躍。デジタルの当たる見込みのないハイワロ演出眺めてるのはもう飽き飽き…って人には刺激的な1台になるかと

AKB2バラの儀式


  • メーカー:京楽
  • 導入日:2015年11月2日
  • 販売予定台数:20,000台
  • 仕様:純増約1.5枚A+ART機
  • 詳細:AKB2バラの儀式

AKB_20151007162825435.jpg
国民的人気アイドルAKB48が再びパチスロで登場。

京楽パチスロ第3弾で基本部分は初代AKBを継承したDD(誰でも大好き)超絶神推しスペック。遊びやすさはそのままに新曲追加・新メンバーSKE48、NMB48の登場などファン歓喜のサプライズも!?

初代はいまだ設置店もあるし、今回も息の長い機種になりそう。

プレミアムビンゴ


  • メーカー:ベルコ
  • 導入日:2015年11月2日
  • 販売予定台数:30,000台
  • 仕様:旧基準のAT機
  • 詳細:プレミアムビンゴ

プレミアムビンゴ
ベルコのHIT作「スーパービンゴネオ」から早くも後継機が登場!

ともに旧基準タイプのAT機ではあるけど、変更点は多々ありHooah確率や天井ゲーム数・初当たり確率などが変更。

ふたつの色分けとしては、初当たり重視かふぁうふぁの一撃重視かといった感じで分別できる。ユーザーにより好みのタイプを選択できるようになるのは嬉しいところ。

基本部分はビンゴネオとほぼおなじなので、今まで打ったことあるひとならそう違和感はない。もちろん今回もびん娘ちゃんは続投となるので安心してほしい。

龍が如くOF THE END


  • メーカー:タイヨーエレック
  • 導入日:2015年11月2日
  • 販売予定台数:
  • 仕様:差枚数管理のAT特化
  • 詳細:龍が如くOF THE END

龍が如くOF THE END
言わずとしれたセガサミーの人気ゲーム。
今回はスピンオフとなるOF THE ENDをエレックさんが担当。

ロングランシリーズだし映画化もされている作品なのでゲームやったことない人でも名前くらいは聞いたことあるかと。萌えスロ台頭が目ざましい昨今だが、こういった漢の作品には是非頑張って欲しい。

スペックはAT特化の解りやすい仕様なのでとにかく特化ゾーンぶっこんでガンガン乗せるだけ!


ハイスクールDD


  • メーカー:KPE
  • 導入日:2015年11月2日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:A+ART
  • 詳細:ハイスクールDD

ハイスクールDD
アニメも3期まで放映されている旬な人気ラノベが登場。

見ての通りお色気系コンテンツで最近こっち路線に力を入れているKPEが担当。どんな風に演出を仕上げているのか原作ファンなら気になるところ。

看板コンテンツマジハロとのコラボも組み込まれており、リアス・グレモリーのアリスコスはファン必見!


ガールズ&パンツァー


  • メーカー:オリンピア平和
  • 導入日:2015年11月2日
  • 販売予定台数:20,000台
  • 仕様:タンクバトルAT機
  • 詳細:ガールズ&パンツァー

ガールズパンツァー
萌え+ミリタリーの代表格とも言える人気アニメガルパンがパチスロで登場。

ルパン筐体そのままにアタックビジョンは健在。単に萌えだけをウリにした機種でもなくAT中はバジリスク2を彷彿とさせるバトル方式。さらにガチ抽選を採用しているのでバジファンならずとも楽しめるはず。

低設定域の初当たりは結構重めなので、下設定の通常時が修行となりそうだが高設定域は楽しめそう。

インフィニット・ストラトス



インフィニット・ストラトス
アニメも2期まで放映され人気の高いラノベ作品。深夜アニメ枠とは言えゲーム化もされ知名度も旬な一作。

見ての通りカテゴライズは萌えスロ。アニメ視聴層も若いので新規ユーザー獲得の突破口となるやも??スペックも初心者にも遊びやすいオーソドックスなARTタイプ。

通常時は5人のヒロインそれぞれのステージ+独自演出と原作ファンにも嬉しい仕様。

専用筐体で下パネルの変な位置にプッシュボタンが搭載されているのもポイントの一つ。

花の慶次3戦極めし傾奇者の宴



花の慶次3
ニューギンの看板コンテンツがグループ会社のEXCITEより登場。
これで3作目となる慶次だが、EXCITEに変わったことでどう変化したのか??

スペック面は前作AT機から初代を踏襲したスペックに変更。純増は1.6枚と低めだがそこは慶次!本機は上乗せ性能に特化した機種となっておりとにかく乗せ方が尋常じゃない。3桁乗せ確定の『天武の極』も復活し一度ツボれば終わりが見えないゲーム性。

ただ出玉速度の問題もあり夕方以降のデカ乗せ注意。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス



銀河機攻隊マジェスティックプリンス
フィールズ原作のアニメがパチスロ化。

本機を手がけるとの役物乱舞「ギルティギア」を作ったディ・ライト。役物に定評のあるメーカーってこともあり今回のウリはリール枠!?なんとこの機種リール枠で小役昇格がおきるんです!リールによる小役昇格は数あるけど、この機種は枠のほうが動くありそうでなかった発想。

アニメ自体は2013年放映作品。見た目からSANKYOの「蒼穹のファフナー」と勘違いする人がいるかもしれないけどキャラデザが同じなだけで別作品なのであしからず。

10月 新台スロット


機甲戦記ドラグナー



機甲戦記ドラグナー
80年台のリアルロボット系アニメが今更スロット化!?

作品自体は同世代のガンダムなどには遠く及ばずイマイチな内容だったけど、スパロボにもたびたび参戦してることから徐々に興味を持つ人もいるとかいないとか。

筐体はサミー新筐体「インフィニティーヴィジョン」を採用し新規アニメ・CGで構成されているのでビジュアル面悪くない。ドラグナーはメタルアーマーデザインは評価されているのでできればリアルロボット志向で描かれていればさらに良かったかもね。

ATは枚数管理×ゲーム数管理の2種類で構成されている点に注目。枚数とゲーム数が別管理となっておりここに特化ゾーンを加えて出玉を伸ばすゲーム性。

百花繚乱サムライガールズ



パチスロ百花繚乱サムライガールズ
ラノベ原作でアニメは2期まで放映されている学園ハーレムアクション物。

基本スペックは同メーカーのささみさんと似た疑似ボーナスの1G連で出玉を増やすゲーム性。純増自体は3枚と高純増なので出玉スピードはささみさんより速め。

同じ時期には同ハーレム物の「ハイスクールD×D」も導入があるので比較すると分が悪いのが正直なところ

想定科学パチスロ STEINS;GATE~廻転世界のインダクタンス


  • メーカー:オーイズミ
  • 導入日:2015年10月26日
  • 販売予定台数:8,000台
  • 仕様:エピソード進行型AT機
  • 詳細:シュタインズゲート

シュタインズゲート
実際ネット上に現れたタイムトラベラーを名乗るジョン・タイターを大元のネタとしたタイムトラベル物のゲーム。アニメ化もされており導入日の少し後には新作ゲームも発売。

原作ファンには嬉しいスロットの完全オリジナル描きおろしエピソードが全7ストーリー搭載されており、ダルの結婚式などアニメでは描かれていないストーリーが収録。

スペック面はボーナス・ATともに初当たりが重く出率も若干辛めなのが気になるところ。

デッドマンワンダーランド



デッドマンワンダーランド
パチスロでもお馴染み「交響詩篇エウレカセブン」作者の次作品がこちら。

エウレカ繋がりでサミー?と思いきやメーカーは北電子。ただスペック面は初代エウレカに似た感じなのでエウレカ好きなら打っててそんな違和感ないかと。通常時は周期やゾーンはなく単純にレア役からボーナスやARTを直撃させるゲーム性なので解りやすい。

オーソドックスなARTなので5号機初期ART打ってた人なら馴染みやすい。

地獄少女


  • メーカー:藤商事
  • 導入日:2015年10月19日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:疑似ボーナス搭載ART
  • 詳細:地獄少女

地獄少女
パチスロリングに引き続き藤商事の柱となる主要パチコンテンツがスロット化。

地獄少女はパチンコでも2作品出ている実績のある機種。原作見たことない人からすると萌えスロ?と思うかも知れないけど実際は鬱度満載なホラー・ミステリー。「人を呪わば穴二つ…」の言葉にあるよう他人に報復をするなら自分自身も相応を対価が必要といった事を教えてくれる作品。

スペックについてはスロ化第一弾ってこともありスロット初心者のパチユーザーでも遊びやすいライトタイプ。演出も豊富なのでアニメ原作好きな人も要チェック。

サイレントヒル


  • メーカー:高砂
  • 導入日:2015年10月5日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:アクセルAT
  • 詳細:サイレントヒル

サイレントヒル
国内だけでなく海外でも絶大な人気を誇る最怖ホラーゲーム。実写映画化もされていることからゲームをやったことない人でも名前くらいは聞いたことある人多いんじゃないかね。導入の季節感は若干外しているけど注目の1台。

スペックは高純増3.0枚のAT。
アクセルAT最終形ってことでスピードに乗った時の出玉感は業界TOPクラス。またレア小役に周期が設けられた『サイレントホラーシステム』にも注目。

補足ネタ:ゲームの新作が開発中止になったことからパチスロ先行映像公開後は外人さんから1万を超えるフルボッコ(BAD)をされるといった事件も…。

ビーストバスターズ


  • メーカー:SNKプレイモア
  • 導入日:2015年10月5日
  • 販売予定台数:台
  • 仕様:低純増ART+A
  • 詳細:ビーストバスターズ

ビーストバスターズ
80年代のゲーセンを沸かせた懐かしのゾンビ系ガンシューティング元祖的存在がまさかのパチスロ化。

題材として使われているのは25周年を迎えてKOFとコラボした2014年登場のスマホアプリのほうとなっている。あまり知名度が高いわけじゃないので、知らない人も多そうだけど…。

目につく点は低純増1.4枚ながらBIGでは最大300枚オーバーとジャグラー並の獲得枚数が取れるART機。ARTでゲーム数を稼ぎつつBIGで刺す!といった流れ。

コンテンツ的には特に魅力もなくネタ切れ感を感じさせるんだけどね。

ベヨネッタ


  • メーカー:Sammy
  • 導入日:2015年10月5日
  • 販売予定台数:25,000台
  • 仕様:バトルループ型AT機
  • 詳細:パチスロベヨネッタ

ベヨネッタ
北斗強敵に引き続き2ヶ月連続でサミー機種が登場。

疑似ボーナスとバトルのループで出玉を増やすシンプルなゲーム性。
筐体は次世代型となる全面液晶の「インフィニティビジョン」を採用。さらに高性能グラフィックチップが搭載されているのでゲームファン納得のビジュアルを再現。(元ネタは2009年にセガから発売されたアクションゲーム)

デビルメイクライと同じくガンアクションタイプでディレクターも同作品と同じってこともありDMCファンとの親和性も高そう。

ルパン三世ロイヤルロード



ルパン三世ロイヤルロード
ルパンシリーズの正統後継機が久々に登場。

ルパンは銭形や不二子などスピンオフ作品も人気が高いけど今作は本筋となり『ルパン一族の秘宝』以来久々の新作となる。

オリ平のメインコンテンツってこともあり販売台数は強気。筐体も派手な役物やツイン液晶にデカプッシュ(アタックヴィジョン)搭載と力の入れ具合が伝わってくる。

純増3枚ATってことで出玉の加速度は申し分なさそうだが、AT初当たりは重いので投資額には注意が必要なスペックでもある。

パチスロクジラッキー


  • メーカー:三洋
  • 導入日:2015年10月5日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:周期タイプのAT機
  • 詳細:パチスロクジラッキー

パチスロクジラッキー
海物語のマスコットキャラクタークジラッキーがスロットで登場。

液晶画面は搭載せずにドットを採用した機種で役物やパトランプなど演出はとてもシンプルな仕上がりになっているのが特徴的。とりあえずパト鳴らしておけば大当たり(AT継続)とゲーム性も解りやすく初心者にも安心。

周期型ってことで通常時は約114G(設定6)~139G(設定1)の周期でAT当選へのCZ突入チャンスとなる。

9月 新台スロット


パチスロマクロスフロンティア2BL



マクロスフロンティア2BL
人気機種マクロスF2のマイナーチェンジ機。

基本演出などの使い回しはあるものの【最初から全曲開放、ボーナスはBIGのみ、変則押し可のノンペナルティー、トライアングルチャンスに新キャラ登場、新スピーカーで音質向上】といった変更点あり。

またスペックも前作AT機から初代を踏襲したART機に変更。純増を抑えて当たりを重視した遊びやすいスペック。当たりは軽いとは言えランカ・シェリルBIGは獲得枚数120枚と初代の半分以下なのでバケが存在しないとはいえ注意が必要。

ゼットゴールドインフィニティ



ゼットゴールドインフィニティ
『Z』の遺伝子再び!

4号機当時はジジババの心臓を心配してしまうほどの凶悪な告知音でその名を知らしめたZ叫マシーンが帰ってきた。今回は絶叫ヴォイスにアニソン界の帝王 水木一郎氏を招きさらなる進化を遂げる。

スペックはNET版GODかつ新基準ATってことで言うなればコイン持ちの良いGOD。抽選確率が変わる『新確率変動型抽選システム』が本機のウリの一つ。

もちろんみんな大好き1/8192のGOD女神降臨も搭載されており高純増3.0枚と相まって一撃のポテンシャルはまさにインフィニティ(無限)

パチスロアスラズラース


  • メーカー:エンターライズ
  • 導入日:2015年9月28日
  • 販売予定台数:15,000台
  • 仕様:ST仕様の新基準ART
  • 詳細:アスラズラース

アスラズラース
PS3やXboxで2012年に発売されたカプコンのアクションゲー。
元がゲームだけありスロットとの相性も良くグラフィッククオリティも高い。

スペックはSTタイプとなっており、ST→疑似ボーナスのループで出玉を伸ばすゲーム性。この他、純ボーナスも搭載されている新基準型。

エンタが手掛けるほかのゲーム機種と比べると知名度が低めなので作品だけでの集客は難しそう。あとはゲーム性がどれだけユーザーに受け入れられるか!?

パチスロ無双オロチ


  • メーカー:yamasa
  • 導入日:2015年9月28日
  • 販売予定台数:13,000台
  • 仕様:差枚数型の新基準AT機
  • 詳細:無双オロチ

パチスロ無双オロチ
三國無双、戦国無双に続く無双シリーズにOROCHIが降臨!山佐の無双パチスロシリーズもこれで6作目に突入だ。

メインの主役にはガラシャ、孫策、夏侯惇が起用。

ウリは通常時・AT中問わずどこでも出現する中リール一確目『中OROCHI』
これはどのタイミングでも止まった時点でATや上乗せが確定する鉄板目。ビタ押し要素も多少混じっているのでよ~く狙ってバシッと決めたい。

AT中は直感力(エスパーぢから)が重要となってくるのでこの辺りはユーザーの好き嫌いが分かれそう。

OROCHIは三国志武将や戦国武将が多数出演するゲームなので演出がどう仕上がっているかファンなら気になる所。

キングジャック


  • メーカー:アクロス
  • 導入日:2015年9月14日
  • 販売予定台数:3,000台
  • 仕様:ノーマルタイプ
  • 詳細:キングジャック

キングジャック
以前「スーパージャックポット」でコラボしたことのある岡崎産業とのコラボ第2弾機。

4号機のリメイク機種で天井非搭載のノーマル型。
通常時はショートフリーズやリール演出などで期待感を演出するシンプルなゲーム性。

販売数が少なめなので、バラでしか拝め無さそうだけど。

ハナハナホウオウ‐30


  • メーカー:パイオニア
  • 導入日:2015年9月14日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:天井非搭載ノーマルタイプ
  • 詳細:ハナハナホウオウ‐30

ハナハナホウオウ‐30
ハナハナシリーズ最新作は鳳凰をモチーフとしたデザインでドラゴンハナハナを彷彿とさせるインパクトのある筐体。

合算確率はシリーズで一番軽く(その分コイン持ちが若干減少)プレミア演出もシリーズ最多となっているのが特徴。

さらに新しい試みとして本機にはハナハナ専用楽曲『ハナチカハナ』をメタル系バンド『ガーゴイル』が提供。こちらの曲はシークレットサウンドとして実際ホールで聞けちゃうぞ。

あとはボーナス時のフラッシュ演出に一部変化があるもののその他打ち方や基本スペックは従来のハナハナシリーズ同様なのでハナラーは違和感なく事前知識なしでも十分対応可能。

聖闘士星矢3女神聖戦



聖闘士星矢3女神聖戦
パチスロ星矢シリーズもこれで3作目。

今作も黄金聖闘士編となるわけだけど、プレミアの一部にポセイドン編が組み込まれており海将軍7人とのバトルが楽しめる。次回星矢4が出るとしたらもしかしたらハーデスやポセイドン突入もあるかもね。

本機は三洋の人気シリーズってこともあり、中々気合の入った作りになっている。専用筐体を引っさげ筐体下にユーザー自身が引っ張るレバーやら巨大役物などインパクトがある。さらに直感的要素や技術介入要素などユーザーのセブンセンシズや目押し力が左右する一面も。

低純増機とはいえボーナスとARTが絡んだ時の爆発力は侮る無かれ。

北斗の拳 強敵


  • メーカー:サミー
  • 導入日:2015年9月7日
  • 販売予定台数:65,000台
  • 仕様:差枚数管理型AT
  • 詳細:北斗の拳強敵

北斗の拳 強敵
これまでのパチスロ北斗がここに集結!
4号機から続くロングラン機種だけに毎度のこと注目が集まる。

今回は初代~転生までの主だったシステムを美味しいとこどり。初代から伝統のアツい中段チェリー、北斗Fの北斗カウンター、転生の神拳勝舞などなどすべてを盛り込んだ欲張りな1台。

北斗揃い(ノリ)も北斗3兄弟(ラオウ・トキ・ケンシロウ)による新演出になってたり、トキVSラオウの兄弟継続バトルなど見どころも満載。

スカイガールズ2



スカイガールズ2
副題の通りスカガ2ふたたび!
いまだバラエティーに置いてある店があるぐらいロングランの前作だけに続編となる今作にも期待が集まる。

基本スペックは前作そのままでボーナスとARTを絡めて出玉を伸ばすタイプ。設定6の機械割は前作同様118%オーバーと高設定の夢はあるね。現ホールで使ってくれる所がどれだけあるかは解らないけど。

演出面も前作比で200%とさらに進化したスカガ2をお楽しみに。

シャドウハーツⅡ運命の道標



シャドウハーツⅡ運命の道標
以前に5号機からミズホより登場したシャドウハーツⅡが今度はユニバーサルブロスから再び登場。ユニバーサルカーニバル2015で次世代筐体としてお披露目されていたけど、実際はバズーカ筐体のほうで発売。

初代は大ヒットしたわけではないけど、固定客がついて意外と支持されている1台だったね。今作でもゲーム要素を盛り込んだ面白い仕様が組み込まれているのでゲームをプレイしたことある人にはオススメ1台。

8月 新台スロット


サンダーVリボルト


  • メーカー:アクロス
  • 導入日:2015年8月17日
  • 販売予定台数:15,000台
  • 仕様:天井・RT非搭載Aタイプ
  • 詳細:サンダーVリボルト

サンダーVリボルト
4号機ユーザーを沸かせたアルゼの名機サンダーVのリメイク。
イナズマ遺伝子を引っさげ新しい演出とともに完全復活!

アクロスAプロジェクト第4弾機となる本作。前作ハナビも良好だし4号機時代に双璧をなしたサンダーも期待の声が大きい。下手に中身をいじることはなく基本的なゲーム性はそのまま継承され進化として『昇り龍』『イナズマSP』といった新フラッシュ演出などが加わっている。

もちろん技術介入要素も搭載されているので、ボーナス中は目押しを駆使して枚数UPが可能。

ジャッカスチーム


  • メーカー:大都技研
  • 導入日:2015年8月3日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:純ボ+疑似ボーナス+ART
  • 詳細:ジャッカスチーム

ジャッカスチーム
HIPHOPなイメージの大都のオリジナル。

純ボーナスに加えて擬似ボとARTを搭載した新基準機。
ボーナスの種類がとにかく多く設定6の機械割119%という点にも注目。

119%機種がめっきり減ってしまったので、頑張ってほしいが今のホールに6を使える余力があるのかどうか…

ストライクウィッチーズ


  • メーカー:オーイズミ
  • 導入日:2015年8月3日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:疑似ボーナス搭載の差枚管理AT機
  • 詳細:ストライクウィッチーズ

ストライクウィッチーズ
オーイズミ久々の新台は萌えスロ。
ストパンの異名を持つこの作品をうまく映像化。

アニメファンに嬉しい新規エピソード(3話)が追加されている他スロならでは演出など見どころも多数あるオーイズミの気合の一作。

萌えスロ需要も高まってきてるし、手堅い1台となるか!?

煩悩BREAKER禅


  • メーカー:山佐
  • 導入日:2015年8月3日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:疑似ボーナス搭載の高純増AT機
  • 詳細:煩悩BREAKER禅

煩悩BREAKER禅筐体
山佐のオリジナル機種は『ハゲ』…ではなくお坊さん?

某脳にまみれたギャンブル世界で煩悩破壊とはまた思い切った題材。デカチリハゲ絵柄や3連絵柄などリール配列はインパクトがあって個人的には好み。

スペックは疑似ボーナスのループで出玉を伸ばすタイプ。
メインシステム『煩悩バッシュ』はループ設定差はないので、低設定でもここのループ力次第では一撃ドカンの期待も!?

7月の新台スロット


サマージャンボ~あの夏のチケットの行方



サマージャンボ
2014年に少数販売ながらそのインパクトに皆が驚いた一撃必殺の宝くじスロット「ドリームジャンボ」の後継機。

新基準機となり純増は若干落ちたものの至福の超ロングフリーズなど夢の仕様はそのまま継承。また、「今でしょ!」「倍返しだ!」などどこかで聞いたことがあるようなネタやガコッ!キュイン!と響き渡る『GOGOサマーランプ』などネタの要素も豊富。コクッチーマスターズに影響でもされたのか??

パチスロ魔法少女リリカルなのは



魔法少女リリカルなのは筐体
人気アニメの『リリカルなのは』がスロットとなって登場。

萌えスロのシェアは伸びつつある中、さらに魔法少女モノってことで需要は多そうだね。その証拠に初回販売台数は速攻で完売とホール側も大いに期待している1台。

萌えスロ系はどちらかと言えば出玉力重視といったタイプより遊びやすさ重視といったスペックが多いが、この台も御多分にもれず遊びやすいスペック。

3種のARTループと擬似ボで出玉を増やすタイプ。
人気声優さんの楽曲や新規描き下ろしもバッチリ収録されているので、その道の人には絶大な支持されそうね。

イケイケマハロ-30


  • メーカー:北電子
  • 導入日:2015年7月21日
  • 販売予定台数:3,000台
  • 仕様:30πの完全告知機
  • 詳細:イケイケマハロ-30

イケイケマハロ筐体
北電子30パイの柱となるマハロが早くも4弾目。

ほぼ毎年登場と驚異的な新台スピードを誇り、シリーズを増すごとに新演出もパワーアップ。さらに今回はリール配列も一新されていて個人的にはこっちほうが好み。

まだハイビ系沖スロと肩を並べるほどではないけど、今後の成長に期待。

マイジャグラー3


  • メーカー:北電子
  • 導入日:2015年7月21日
  • 販売予定台数:20,000台
  • 仕様:ノーマルタイプ
  • 詳細:マイジャグラー3

マイジャグラー3筐体
マイジャグシリーズ3作目。
ジャグシリーズでも人気が高く、ユーザーだけなくホール側需要も高い台。

特に大きな変更点はないけど、筐体の一部やプレミア演出の追加などの変化はあり。

新プレミアの『飛び出すGOGOランプ』や『分裂GOGOランプ』は見かけたらカメラの用意。

鬼神7


  • メーカー:アイ電子(現ハイライ ツエンタテイメント)
  • 導入日:2015年7月13日
  • 販売予定台数:350台
  • 仕様:ボーナス+ART機
  • 詳細:【スロット】鬼神7

鬼神7筐体
社名がアイ電子からハイライ ツエンタテイメントに代わり心機一転?
ソーラーセブンに続くパチスロ第2弾機となるのがこちらの機種。

以前からウワサのあった機種だけど世にでるまでだいぶ時間がかかったイメージ。販売予定数は「間違いでは?」と思うほど少なくホールで見かけることも少ないレアな1台になりそう。

パチスロバイオハザード6


  • メーカー:エンターライズ
  • 導入日:2015年7月6日
  • 販売予定台数:25,000台
  • 仕様:A+ART
  • 詳細:バイオハザード6

バイオハザード6筐体
5号機の中でも評価も高くロングランとなるバイオ5の後継機。
実績の強い台だけに期待感は高まるね。

スペックは前作と同じA+ARTではあるけど新基準機となるためコイン持ちや初当たりに若干の変更点あり。それ以外の基本システムは下手にいじらず継承されているので前作バイオ5打ってるユーザーなら打ちやすい1台になりそう。

当たった機種が次回失敗する理由の多くは変な改悪だから下手にいじらずそのまま出してくれたほうが個人的には嬉しい。

6月 新台スロット


パチスロエヴァンゲリオン~希望の槍



エヴァンゲリオン希望の槍筐体
最近、不発続きのスロエヴァシリーズの最新作はボーナス+ART機。エヴァARTは見事失敗だったけど、今度は純ボーナスを取り入れて再チャレンジ。

良い点としては、ペナルティー非搭載なので変則押しOKと言うのが嬉しい点。ノーマルエヴァの楽しみの一つが中押し・逆押しといった変則要素だったのでART機でそれが再現できるのであれば悪くない。

ART機ではあるけどゲームシステムはシンプルでゲーム数上乗せとボーナスでジワジワ出玉を伸ばしていく。

押し順ケロルン


  • メーカー:山佐
  • 導入日:2015年6月22日
  • 販売予定台数:5,000台
  • 仕様:疑似ボーナス型AT
  • 詳細:押し順ケロルン

ケロルン筐体
ケロットシリーズのスピンオフ作品となり、今作は恋人のケロルンが主役に抜擢。

ケロットと言うことはノーマル機…と思いきや疑似ボーナス型のAT機で登場。
イメージとしては、キングパルサーシリーズのストックに似たシステムを搭載しておりボーナス後32G内の連チャンがアツい仕様。

さすがに名機キンパルを完全再現とまではいかないまでも最近は沖ドキっ!系統が支持を集めているしダークホースとなるかも??

吉宗 ~極~


  • メーカー:
  • 導入日:2015年6月8日
  • 販売予定台数:5,000台
  • 仕様:擬似ボーナス搭載のAT機

吉宗 極の筐体
以前、販売された「吉宗」の別スペックVer。
現行機と比較すると単純に出玉性能がUP(平たくいえば荒くなっている)

大都技研の直営店にてテスト導入されていたけど、このたび全国販売開始。
新基準のジャッカスチーム導入までの繋ぎといった見かたもある。

パチスロデビルサバイバー2


  • メーカー:オリンピア
  • 導入日:2015年6月8日
  • 販売予定台数:15,000台
  • 仕様:差枚数管理型AT
  • 詳細:デビルサバイバー2

デビルサバイバー2筐体
DSの人気ゲーム「デビサバ2」がスロット化。

どちらかと言えば若年層向けコンテンツなので、30代以降には馴染みが薄そうに見えるかもしれない。けど、この作品は女神転生シリーズなのでアトラスファンに馴染みのある悪魔召喚・合体などのシステムを取り入れている。そのため、初見でもそこまで違和感を感じないのでは??

演出にはゲームユーザーならつい反応してしまいそうなシステム搭載しているのでメガテンプレイ者なら一度は打ってみたい1台。

パチスロおとめ妖怪ざくろ


  • メーカー:北電子
  • 導入日:2015年6月8日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:ゲーム数管理型ART
  • 詳細:おとめ妖怪ざくろ

おとめ妖怪ざくろ筐体
なぜこの作品?
どうも北電子さんのタイアップ作品は世間とズレを感じる…。
正直スロッターの客層とは結びつきがイマイチ。

テイルズ同様にジャグラー演出も組み込まれているようだが、集客するにはちとパンチが弱い。

大工の源さん桜満開!源DREAM Ver.



大工の源さん桜満開筐体
設定1の終日(7000Gプレイ)した際に2,000枚以上の出玉獲得率が80%を超えるといった高純増3.0枚AT特化機。

ま、設定1ぶん回して2,000枚吐いたとしてもそれ以上に飲み込むだろうし、ましてや低設定ぶん回しもあまり現実的ではないんだけどね。朝一からたまたま噴いてくれりゃまだしも(;・∀・)

初代パチ時代から十数年と歴史の長い源さんだが、正直2万台の販売台数はいささか過剰な気も…。

パチスロガンソード



ガンソード筐体
KPEの新システム「スラッシュAT」第1弾。

新基準AT機なのにベース値を32Gに抑えたゲームシステム。
そのからくりは左リールにある『スラッシュゾーン』部分を狙う事でこの数値を実現。逆にこのゾーン以外を押すとコイン持ちが上がり初当たりが重くなる仕組み。どちらでも損はないもののだらだら打つのが嫌いな人は目押しを強いられるデメリットも。

文字の説明だけではピーンとこないと思うので、解説動画などに目を通しておくと良いかと。

5月 新台スロット


めんそ~れ2-30


  • メーカー:エマ
  • 導入日:2015年5月11日
  • 販売予定台数:数千台
  • 仕様:ノーマル機

めんそーれ2筐体
『怪力乱神』メンソシリーズ最新作。

メンソと言えばやはり『クラッシュ!』を思い浮かべる人も多いと思うが残念ながら本機は普通のノーマル機。核となる部分がないためガッカリと感じる人も多そうね。

ただ、設定1でもBIG確率1/239(設定6で1/230)とBIG主体のゲーム性なので下手な低設定ノーマル機打つよりは短期決戦には向いている。

ドラゴンギャル~双龍の戦い



ドラゴンギャル筐体
みんな大好きムイムイの第4作目。

気がつけばもう初代から数えて10年目となるロングシリーズ。
今作ではテコ入れとして新たに新ドラゴンとなる『リン』なるキャラクターも登場し液晶演出を盛り上げる。

麻雀物語3と同様にコイン持ちがよく初当たりが重いといった新基準ATタイプ。

最胸伝奇~パイ遊記


  • メーカー:NET
  • 導入日:2015年5月25日
  • 販売予定台数:5,000台
  • 仕様:疑似ボーナス搭載AT機
  • 詳細:最胸伝奇~パイ遊記

パイ遊記筐体
パイのことなら任せろ!チームパイが手がける最新作。

西遊記を題材としたおバカ系パロ。
絵柄を見てるとなでしこ侍を思い浮かべる人も多そう。

ネットお得意のペンペン「豊胸お仕置きタイム」もバッチリ搭載。

パチスロゴッドイーター


  • メーカー:山佐
  • 導入日:2015年5月11日
  • 販売予定台数:35,000台
  • 仕様:AT特化機
  • 詳細:ゴッドイーター

ゴッドイーター筐体
バンダイナムコのタイアップ鉄拳に続くのは、人気ゲームゴッドイーター。

フルHDに新規描き下ろしありと力の入った作品。
また、特別演出として山佐のカエルが登場したりとPSP内では味わえない新演出が組み込まれているぞ。

ウリとなるカスマイズ機能はゲームファン納得の14万通り!
ゲームプレイ者なら一度は触れてみたいそんな1台。

4月 新台スロット


パチスロ修羅の刻


  • メーカー:SANKYO
  • 導入日:2015年4月20日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:AT特化機
  • 詳細:修羅の刻

修羅の刻筐体
陸奥圓明流外伝「修羅の刻」がパチスロ化。

修羅の門が先かと思いきや刻を優先したのは個人的には嬉しい点。幕末編をメインに置いているあたりちゃんと原作読んでるな~と感じる所。

原作内容もさることながら本機の魅力はまた別にもあり。
なんとこの機種、万枚突破率が異様に高いということでホール泣かせでもあり、甘すぎて一部ホールでは島閉鎖に発展するほど。見かけたら是非打ちたい1台。

沖縄フェスティバル-30


  • メーカー:パイオニア
  • 導入日:2015年4月20日
  • 販売予定台数:約1,000台
  • 仕様:30πノーマル沖スロ
  • 詳細:沖縄フェスティバル-30

沖縄筐体
ハイビスカスをタッチすると点滅が変化!?
新演出『華みくじ』を搭載したユーザー参加型沖スロ。

ボーナス告知後や沖フェス目が止まった際にハイビスカスをタッチすることで演出が楽しめるタイプ。このタイプはパチの海物語シリーズでもお馴染みなので海ユーザーにはウケが良さそう。

逆に生粋のハナハナユーザーにはこの演出がどう映るか?

パチスロサイレントメビウス



サイレントメビウス筐体
今の世代で知ってる人はいるのだろうか??
80年代作品が再び!

そういえば、岡崎さん以前も80年代マンガの「BAD BOYS」出してたけど思いれでもあるのかね?単にお足の問題だろうけど。

機種の出来栄えも5号機初期のような感じで、ちょっと古くさいイメージがある。もちろんそれを良しとする古き良き時代を愛するユーザーもいるだろうけどターゲット層が狭そう。

ミリオンゴッド~神々の凱旋


  • メーカー:ユニバーサルブロス
  • 導入日:2015年4月6日
  • 販売予定台数:70,000台
  • 仕様:ゲーム数上乗せ型AT機
  • 詳細:ミリオンゴッド神々の凱旋

神々の凱旋筐体
ユニバグループの新ブランド「ユニバーサルブロス」第1弾機はGODシリーズの新作が登場。

副題の神々の凱旋にあるよう今作はハーデスに代わりゼウスが再び返り咲く。筐体も新たに一新され新演出や新絵柄の追加もされているぞ。

久々の大型入れ替え台となったけど、前作ハーデスの勢いには今ひとつかなわずといった所で導入数が伸び悩んでるイメージ。

ゴーゴージャグラー


  • メーカー:北電子
  • 導入日:2015年4月6日
  • 販売予定台数:40,000台
  • 仕様:完全告知機
  • 詳細:ゴーゴージャグラー

ゴーゴージャグラー筐体
4号機GOGOジャグラーのリメイク機が5号機で復活!

完全再現とまではいかないけど、パネルや豆電球を模した光り方など当時の雰囲気に近づけた作りになっている。演出面も告知音なしなど初代を踏襲。

ただスペック面は似ても似つかずアイムジャグラーより若干割りが高い程度の半端な感になっている。

3月 新台スロット


まじかるすいーとプリズム・ナナエース


  • メーカー:DAXEL
  • 導入日:2015年3月2日
  • 販売予定台数:1,000台
  • 仕様:ノーマル機

ナナエース筐体
プリズムナナの後継機がノーマルタイプで登場。

アニメ制作会社のシャフトが手がけるアニメってことで一時期注目を浴びたけどその後音沙汰もないしアニメ制作されるのかも不明状態。

プロジェクトは失敗の終わってしまったのか??
今後の動向を待て。

TRAD(480)


  • メーカー:ヤーマ
  • 導入日:2015年3月9日
  • 販売予定台数:3,000台
  • 仕様:完全告知Aタイプ
  • 詳細:トラッド

TRAD筐体
ヤーマからトラッドとトラッド480の2パターンが登場。

2台の違いはボーナスの獲得枚数となり、当たりを重視するか?獲得枚数を重視するか?といったコンセプト。

本機はベンリーシステムが搭載されているので、とにかく消化が楽ちんすぎる。MAXベット、レバーオンがレバーひとつで行えさらにストップボタンはただ指を滑らせるだけでガガガ!と止まるので正直気持ち良い。

コクッチーマスターズ


  • メーカー:タイヨー
  • 導入日:2015年3月16日
  • 販売予定台数:1,000台~5,000台
  • 仕様:告知型ノーマルAタイプ
  • 詳細:コクッチーマスターズ

コクッチーマスターズ筐体
ネット上で話題騒然となった究極のネタ台。

各メーカーのお家芸ともいえる演出をことごとくパク…インスパイアしたあげく公式サイトでは『訴訟厳禁!』と言い切る豪胆さ。

BOBOランプや将軍ランプなどどこぞで見た事あるような告知演出がふんだんに盛り込まれている。

この台を機にタイヨーではこくっちーなるマスコットキャラクターも登場。

パチスロブラックラグーン2


  • メーカー:スパイキー
  • 導入日:2015年3月16日
  • 販売予定台数:12,000台
  • 仕様:A+ART
  • 詳細:ブラックラグーン2

ブラックラグーン2筐体
当初は2014年に導入予定だったが、液晶のバグ問題で導入日が大幅に遅れた経緯がある。結局、バグ問題は完全には解決しなかったものの稼働自体には問題がないと言うことでそのまま販売。

親会社である「アリストクラート」がパチスロ事業撤退となってしまったので現スパイキー名義としては最後の作品となる。
※その後、フィールズがアリストを買収したので今後スパイキー名義の台が出る可能性あり。

コブラ


  • メーカー:SNKプレイモア
  • 導入日:2015年3月2日
  • 販売予定台数:2,000台
  • 仕様:A+ART
  • 詳細:コブラ

コブラ筐体
ご長寿マンガ「コブラ」が再びスロットで登場。

以前、藤商事から一度出たことがあったけど、今作はSNKが担当。

萌え要素のある台がHIT要因を占める現在、なぜこの版権?コブラ出す前に他に出すべきSNKの台があるのでは?

スペックも変哲のないオーソドックスなボナ+ARTでとりあえず出しておいた感を感じる。

パチスロ麻雀物語3


  • メーカー:オリンピア平和
  • 導入日:2015年3月16日
  • 販売予定台数:15,000台
  • 仕様:新基準AT機
  • 詳細:麻雀物語3

麻雀物語3筐体
新基準AT機となって人気の新生麻雀物語が降臨。

今作も3姉妹(あやか・さやか・まどか)が液晶演出をさらに盛り上げる。また前作好評だった上乗せギャグも「衝撃×笑撃」の名の下にさらに進化を遂げる。

スペック面は新基準ってことでコイン持ちが飛躍的にUPする反面ATの初当たりが重くなるといった仕様で若干戸惑う点も見られるものの人気っぷりは変わらずホールでも人気の機種。

スーパーラクラクビスカス



スーパーラクラクビスカス筐体
誰でも目押しほぼ不要で楽しめるラクビス第2弾。

本機のウリは『ラクラクシステム』
これはボーナス確定時は左中リールはフリー打ちで自動テンパイするといったシステムで目押しが必要なのはボーナスを揃える際の右リールのみ。

こういった台は年配層にウケが良さそうだけどジャグラーのシェアを奪うほど知名度が足りないのが今後の課題。

戦国コレクション2


  • メーカー:KPE高砂
  • 導入日:2015年3月2日
  • 販売予定台数:20,000台
  • 仕様:高純増AT特化機
  • 詳細:戦国コレクション2

戦国コレクション2筐体
固定ファンも多く長期稼働の実績を誇る『戦コレ』の後継機。

前作を踏襲しつつ今回は新たに唄う役物が搭載。
文字通り液晶画面の上で所狭しと唄ったり、踊ったりととにかくインパクトがすごい。

アクセスAT機ってことで、出玉スピードもアクセル全開。

パチスロサイバーブルー


  • メーカー:三洋
  • 導入日:2015年3月2日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:AT機
  • 詳細:サイバーブルー

サイバーブルー筐体
北斗の拳の作画である原哲夫氏の作品だが一般知名度は低め。

北斗や花の慶次が当たってることにあやかっての狙いなのかもしれないが、題材としてはやっぱズレてる感は否めない。

せめて原作に忠実ならいいのだが、フルCGやら決め台詞のピー音など原作ファンにも不満点は多そう。

パチスロベルセルク


  • メーカー:七匠
  • 導入日:2015年3月2日
  • 販売予定台数:20,000台
  • 仕様:疑似ボーナス搭載ART特化機
  • 詳細:ベルセルク

ベルセルク筐体
パチスロメーカー「トリビー」の元代表が新たに立ち上げた新メーカー『七匠』の注目すべき第1弾機。

オリジナルではなくいちなり人気マンガの版権を使うことで注目度が高かったね。個人的にも好きなマンガだし「黄金時代」だけでなく幅広いストーリーを盛り込んだ点は評価したい。

また開発にはバイオ5でお馴染みのブームが手がけており、筐体ギミックなんかにも注目。

2月 新台スロット


ハナビ


  • メーカー:アクロス
  • 導入日:2015年2月23日
  • 販売予定台数:10,000台
  • 仕様:RT搭載ノーマルタイプ
  • 詳細:ハナビ

ハナビ筐体
ドンちゃんシリーズの不発が続く中、アクロスより原点回帰となる初代花火が5号機で復活。

時代の流れとは逆に液晶非搭載、技術介入、リーチ目、遅れやリールフラッシュといったシンプルな演出をメインにした旧来のパチスロファンには懐かしさこみ上げるこれぞ!回胴!とも言える本機。

さすがに完全再現とは言わないまでも、実際に打っていた当時を思い出すポイントを抑えた懐かしい演出の数々に思わず打ってしまう旧来ファンも多そう。実際ホールでもリーマン層が打ってるのよく見るし(;・∀・)

また、ウリの一つとしては完全技術介入で設定1でも機械割100%超え(設定は4段階)ってこともあり夕方からでも遊びやすいスペック。

アラジンA2


  • メーカー:サミー
  • 導入日:2015年2月16日
  • 販売予定台数:80,000台
  • 仕様:AT特化機
  • 詳細:アラジンA2

アラジンA2筐体
「最高でなければアラジンを名乗れない!」
サミーが満を持して発売したスロット界のレジェンドとも言える歴史の長いシリーズが復活!

スーアラで5万枚www
なんて言われていた爆裂機の代表格「アラジンA」の後継機的位置づけで『A』の冠を持つ期待の1台。

販売数が8万台とサミーの全力投球が伺えるわけだが、過剰供給によって市場がだぶつき中古価格で下落が続き大HITにはならなかったね。

自分は大ゴケしたアラジンエボリューション経験してる世代だから二の舞いなんてことも想定内ではあったけど…。

真モグモグ風林火山2



真モグ2筐体
4号機、5号機でモグモグシリーズは5作品ほど出ているけど、本機は初代真モグの後継機的位置づけ。そのため機種名も『真モグ2』となっている。

ヒロイン?となるモグ姫のオーディションを行ったり力を入れていたが、奮闘及ばず短命となってしまったのが残念。

ニューパルサーデラックス



ニューパルサーDX筐体
説明不要の山佐の看板シリーズであるあるパルサーシリーズ最新作。

PVで「ニューパル変わるよ」と告知があったように今作では今までにないシャッターギミック「シャカシャカランプ」が新たに搭載。

従来のパルサーはリーチ目を察知するのが楽しみの一つだったから、旧来のファンからすれば完全に告知されちゃうのはいささか寂しい気もするが打ってみるとこれはこれで楽しい。リーチ目自体は消滅したわけではないので、1200種類以上のリーチ目は健在。

1月 新台スロット


スーパージャックポット


  • メーカー:アクロス
  • 導入日:2015年1月26日
  • 販売予定台数:5,000台
  • 仕様:告知型ノーマルタイプ
  • 詳細:スーパージャックポット

スーパージャックポット筐体
岡崎産業のメインシリーズ「JACKPOT」がユニバ系列のアクロスと強力タッグ!
コラボ第1弾としてはふさわしい1台となっている。

2社の協力ということで互いの持ち味を盛り込んだ機種になっており、普段のシンプルな完全告知に加えて『0.6秒のロック』など本来の持ち味を損ねないシンプルな演出が追加。

操作性もアップしてるし万人に楽しめる1台。

黄門ちゃま喝


  • メーカー:オリンピア平和
  • 導入日:2015年1月19日
  • 販売予定台数:50,000台
  • 仕様:疑似ボーナス非搭載AT機
  • 詳細:黄門ちゃま喝

黄門ちゃま喝筐体
初代から数えて4作目となるチャマの新作。

実績のあるシリーズのため自信があるようで、販売台数はなんと!5万台!実際、長期稼働となりホール・ユーザー支持も高い1台。

あと萌え化したお銀ちゃんの登場シーンが増えたのもプラス要素の一つ。

テラシグマ


  • メーカー:JPS
  • 導入日:2015年1月19日
  • 販売予定台数:1,000台
  • 仕様:疑似ボーナス搭載AT機

テラシグマ筐体
スロットに外国語(中国語、韓国語)対応しているのが一番の特徴。

販売台数が少ないため、実際どのぐらいの外人さんがこの恩恵に預かっているのかは不明。

また、純増3枚の高純増にも関わらず初当たりを重視した意外と狙い目なのだが、設置数が少ないのが残念。

サラリーマン金太郎 出世回胴編



出世回胴編筐体
4号機ロデオを代表するサラ金シリーズ再び。

本来は2014年のサラリーマン番長と時を同じくして導入する予定だったけど、結局導入は年明けとなり2015年一発目。

コンセプトとしては4号機サラ金の『時速5,000枚』を意識した機種となりAT突入時の獲得期待枚数に定評あり。

 カテゴリ
 タグ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事