公式

パチスロ カウボーイビバップ | 株式会社オリンピア


パチスロ「カウボーイビバップ」の公式サイトが公開。

業界初となるレア役ゲーム数管理システムとはどういったものなの??
その辺りの詳しい解説も載っているのでゲーム性を知りたい人はまず公式をチェック。

パチンコビスタ(パチビス) パチンコ・パチスロ業界ニュース オリンピア『パチスロ カウボーイビバップ』発表展示会


 2014年9月2日、株式会社平和は、東京・台東区の同社ショールームにて、オリンピア製パチスロ『パチスロ カウボーイビバップ』の発表展示会を開催した。本機はパチンコでも登場した人気アニメとのタイアップ機で、純増約2.5枚の「SPIKE RUSH」を搭載したAT特化型のスペックで登場。レア小役が連続で成立する新システム「COMBO CHANCE」をゲーム性の中心に据えた注目の1台だ。

カウボーイビバップの発表会の様子やスペック・ゲームシステムの解説も画像付きで掲載。

ちなみにスペックは純増2.5枚のAT機。
ゲーム数上乗せの他に仲間ポイントを貯めて突入する上乗せ特化『仲間ラッシュ』も本機の特徴の一つ。

パチスロ カウボーイビバップ | 展示会情報 | パチンコやパチスロならパチンコ倶楽部 | パチンコ攻略やパチスロ攻略の情報満載


本機種の通常時は業界初となるチャンス役ゲーム数管理システム「コンボチャンス」を採用。本システムは64ゲーム以内(平均32ゲーム)にチャンス役が発動し、チャンス役を引いた後は、2連続以上チャンス役が連続し、最大5連続すれば大チャンスとなっている。

パチスロ「カウボーイビバップ」の特徴の解説や発表会の画像などが掲載。

AT・ART機って言うと「なにも引かず夢もなく駆け抜けた…」なんてことはデフォだけど、このゲーム数管理システムがあれば平均32Gでとりあえずとっかかりとなるチャンスが訪れるので何も起こらないよりは良いんでない?

『パチスロ カウボーイビバップ』発表展示会|【一撃】パチスロ・スロット解析攻略


テレビ東京系で1998年4月から同年6月にかけて全26話中の12話が放送され、その後WOWOWで同年10月から1999年4月にかけて全26話が放送されたサンライズ製作のアニメ作品である。

1998年11月開催の第3回アニメーション神戸で作品賞・テレビ部門を受賞。さらに2000年の日本SF大会で星雲賞メディア部門を受賞し、その後2001年9月には劇場作品『カウボーイビバップ 天国の扉』も公開されている。

カウボーイビバップの解説やメイン演出の解説が画像付きで掲載。

SFハードボイルドアクションとして90年代を賑わせた作品がついにスロット化。パチのほうは正直パッとしない感じだけどこっちはどうだろうね?

スロット新台カウボーイビバップ@オリンピア  試打 動画



カウボーイビバップの試打動画も早くもYouTubeにて公開。

見どころはやっぱコンボチャンスかな?
スイカ系・チェリー系・チャンス目系いずれかのレア役が最低2連し5連までいけばAT確定。5連せずとも同系統連続や強レア役でもチャンスとレバーに力入る。

【スロット】カウボーイビバップ 試打感想(画像付き)がいち早く公開!




こちらは発表会時の試打画像や感想などが掲載。

おおまかなゲームフローは上記記事の通り。

テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事