やじきた-北斗

やじきた道中記乙 PV



メーシー「やじきた道中記乙」のメインPVがYouTubeにて公開。

自社パロを多用したネタ度満載な本機だが、まだまだ隠されたネタは多そう。
PV内では先日お伝えしたドラゴンボールのスカウターみたいなやつや、↑のアイキャッチにある北斗残悔拳みたいのとか自社ネタ以外にも結構用意されてそう。

傾向としてはジャンプネタが多かったり?
スペック情報は下記より。
やじきた道中記乙スペック

ザ・リズム・オブ・ファイターズ トレーラー



SNKプレイモアから格ゲーと音楽ゲーを融合したリズムアクションスマホゲームが登場。

↑にトレーラーにあるように収録曲には『サムライスピリッツ』『龍虎の拳』『餓狼伝説』などが収録されていてパチスロ楽曲入ってるぞー。

やはり3ですね~ パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/ウェブリブログ


バサラ

9/1導入予定だそうで翌週番長、さらにサラ金も予定されてて
9月がかなりの激戦区なってきたんで
8月の噂で逃げたオーイズミとSNKは8月に戻って来るのかねw

先日筐体画像が公開されたエンターライズ「戦国BASARA3」の導入予定日はどうやら9月1日とのこと。

さらに翌週9月8日には番長3とサラリーマン金太郎が予定されてるとか。
9月機種が結構出揃ってきたね。

2:3:5の法則を忘れた今の機械が業界を衰退させる - パチンコ日報


「今の遊技機が面白くないのは2:3:5の法則を完全に忘れてしまい、2:8もしくは1:9になってしまったからだ」と指摘するのは元スロットメーカーの開発者。

これは、勝ち負けの比率なのだが、今の機械は勝ちが1か2で、負けが9か8で断然負ける確率の方が高い。こんな機械ばかりを市場に投入しているのだから、遊技客が減少するのは当然の帰結だ。

現在のパチ・スロは勝ち負けが極端に偏ってるとの指摘。

たしかに今は勝ち負け比率が極端で逆パレードの法則みたいになってるもんな。突っ込んで戻してちょい負けってのがほとんど無く、突っ込んで100枚戻し=惨敗…てなストーリーになりつつある。

チャーリー・ロドリゲス・湯谷の業界ウワサ話Z:777@nifty


ブラック・ラグーン

かなり予定が変更となっている?との噂もありますが、あの『●ラック●グー●』のパチスロ機、適合すれば秋口にも登場?との噂を再びキャッチしました。

スパイキー「ブラック・ラグーン2」も適合次第では9~10月の秋ごろに登場の可能性あり。

ブラクラって5号機の中でも長寿機種TOP20には入るくらい長く使われてるよな。固定ファンも多いし。

それはさておき、気になるのはやはりスペック面。ボナARTを貫くのかはたまたタイプを変えてくるか?が注目ポイント。

テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事