戦国乙女2-筐体

戦国乙女2西国参戦編 設定判別、設定示唆、設定変更後の挙動についてのまとめ。

まず設定推測のポイントは以下の通り
  • ART(強カワラッシュ)、乙女アタック、乙女ボーナス確率
  • 弱レア役の周期短縮抽選振り分け
  • ARTのセット数振り分け

中でも注目したい点は弱レア役(弱チェリー・スイカ・弱チャンス目)からの乙女くじ短縮振り分け。これらを引いた際、周期ポイント40pt減算で設定4以上で60pt減算なら設定6確定。振り分けは各0.1%なのでまあ出たらラッキー程度なんだけど(;・∀・)
また設定6ならまだしも設定4だったら割103%程度なので展開次第じゃ全ツッパはちょっと怖い面も。

次に設定変更後の挙動は以下の通り
  • 液晶上のカウンター表示リセット
  • 天井ゲーム数や周期回数はリセット
  • 周期ゲーム数再抽選

この辺りのさらに掘り下げた詳しい情報については下記記事がオススメ

戦国乙女2 スロット 朝一リセット後の挙動・恩恵・実践値 | パチスロ期待値見える化 『スロット天井・解析・攻略』


設定変更判別

戦国乙女2の周期ゲーム数は、液晶左下に表示されていますが、

設定変更の有無に関わらず、
電源OFF/ONで表示上は残り100ゲームにリセットされます。

よって液晶カウンターからの設定変更判別は不可能です。

設定変更時は10~100Gで再抽選、
電源OFF/ONは内部的には残りゲーム数を引き継ぎます。


戦国乙女2 西国参戦編 スロット新台 設定判別・高設定確定演出


ART・CZ初当たり確率

周期到達時はART・CZ抽選が行われますが、高設定ほどART・CZに当選しやすい=結果として初当たりが軽くなります。

ART抽選に関しては、5種類の周期(通常・10%・25%・50%・100%)が存在しており、どの周期か見抜けないので難しいですが、
CZ抽選は、高設定ほど突入率が高いです。


【戦国乙女西国参戦編】周期カウンター40or60減算で高設定確定! - パチスロ -突破口-


周期カウンター(通常時・画面左下)は成立役を参照して毎ゲーム1~100ptの減算抽選がされますが、
40pt・60ptの減算が発生した場合、40なら設定4以上・60なら設定6が確定!


いずれも弱チェ・弱スイカ・弱チャンリプ成立時のみ発生の可能性があり、選択率はそれぞれ0.1%となっています。


戦国乙女2 西国参戦編 高設定確定演出解析【スロット・パチスロ】


高設定確定演出

高設定確定演出の出現確率
それぞれ弱チェリー・スイカ・弱チャンスリプ時の0.1%で出現するようです。
設定4だった場合は、通常時の減算抽選時の1/33922で-40ptが出現。
設定6だった場合は、1/16996で-40ptか-60ptが出現する事になりますね。


【戦国乙女2 西国参戦編】 周期短縮減算ptによる高設定確定演出 |スロット・パチスロ| イチカツ!


乙女くじ
弱役での減算ポイントで
設定を示唆していることがわかりました。

選択率などの詳細は上表の通りですが、まとめると、

★弱チェリーorスイカor弱チャンス目で40pt減算なら設定4以上確定
★弱チェリーorスイカor弱チャンス目で60pt減算なら設定6確定


【パチスロ】戦国乙女~西国参戦編~ 高設定確定パターン 設定推測要素まとめ | パチスロ現場主義


ARTセット数振り分け

設定1~5はフリーズ経由時のみ別抽選で、設定6のみ周期当選時とそれ以外で振り分けが変化。高設定ほどART当選時は複数を選択しやすいけど、あまりアテにはならない。唯一アテになるポイントで言えば、設定6の周期当選時の2個選択率だけど、大してサンプルも取れないだろうから、設定推測要素としては弱い。


戦国乙女2西国参戦編 設定判別解析 | Pachisuro House


基本はART初当たり・乙女ボーナス当選率・乙女アタック突入率で推測していくのが良い。
 目標設定としては設定5を推奨。設定4だと機械割が103.9%で微妙なラインです。狙ってもそこまで負担はないかもしれませんが。。


スロット副業で毎月30万稼ぐブログ : 戦国乙女2~剣戟に舞う白き剣聖~西国参戦編  設定判別ポイント+朝一設定変更判別~白7比率やART直撃確率、乙女くじ減算数等に設定差有り!高設定・設定6確定演出も~


朝一設定変更判別ポイント
  • 天井までのG数+周期はリセット
  • 設定変更で残り周期G数10~100で再抽選
  • 設定変更の有無に関わらず電源ON・OFFで周期表示は100に。
  • 背景は尾張・駿河・信濃のいずれか(電源ON・OFF時も同様)
  • 設定変更後は100以下の周期G数が選ばれる可能性も
  • 朝一のカウンターでは変更判別は不可だが、内部的な減算を前日に

関連記事