蒼天の拳2-天寿

☆『蒼天の拳2』その3|トト倶楽部


AT初当り
1/299
1/290
1/280
1/252
1/218
1/204

出玉率
97.1%
98.6%
101.0%
105.0%
110.6%
113.7%

機械割だけ見れば前作スペックより中間域が甘くなってる感じ。

北斗シリーズは初代の頃から設定6だからといって全然安心できないけど今回も当てはまりそう。逆言えば設定6使いやすい機種でもあるんだけどね。長く使っていく機種だと思うのでそれなりに甘く使ってくれると嬉しい。

蒼天の拳2|コジツケ君がゆく


筐体

まず気になったのはラグランジェ同様の
4thリールで、右リールが第一リールと
なっており、左リールは演出用だという点。

個人的にはあまり好きではない。それと
通常時の中段チェリー確率は1/227と
なっている模様ですが、様々な場面で確率
が飛躍的にアップするので、中段チェリーの
バーゲンセールになっている感が

蒼天の拳2のスペック情報や打った感想が掲載。

今回は輪廻のラグランジェ同様に4thリール+アンリミテッドリール(蒼天リール)仕様。

北斗といえば中段チェリーが初代から重要な位置づけにあるわけだけど、これにより若干安っぽくなってしまう懸念も。

パチスロ蒼天の拳2 スペック&ゲーム性|業界異端児のブログ


③天授の儀
蒼天の拳揃い:約1/15,000
前半10G+死合8Gを80%固定ループ
勝利分岐無し。北斗と同様。
20G連でプレミアエンディング
獲得期待値:約2,000枚オーバー

蒼天の拳2のゲームシステムやスペックが掲載。

北斗シリーズと言えば初代から伝統のBAR(ノリ)揃い。今回でもBAR揃いはプレミア役的な役割となっていて揃えばバトルATの天授の儀に突入。

獲得期待枚数は2,000枚と十分な枚数だけど80%ループだから単発も十分に覚悟して望みたい。初代北斗の89%でも余裕で単発あるからな…。

天授の儀は劉宗武に負けない限り続くけど、やつがミカンを発射してきたら大ピンチである。全力でなにかに祈ろう。


■新台■パチスロ蒼天の拳試打レポート1|MGM下妻店の営業ブログ


そして北斗の拳シリーズと言えば、スイカが空気だったの


ですが、今回からちょっと昇格して、スイカがチェリー高確の


鍵を握っていますやったー


北斗カウンターのチェリーやスイカが炎上や凍結したら


中段チェリー高確率状態化かも

蒼天の拳2の試打感想やスペック情報が掲載。

昔っから役立たず扱いだったスイカくんが今回はちょっと出世。
中段チェリーの引き立て役ではあるけど、結構大事な役目。

蒼天の拳2|ペカる宇宙


これまでの北斗シリーズでは、バトルに入るとですね。

「継続」or「敗北」だったわけです。

これに、「勝利」って分岐が加わってます。
要するに、ぶん殴って、倒しきります。

「勝利」すると、継続&激闘乱舞に入ります。
激闘乱舞は、30~200ゲーム。
あとは、AT中にもチェリー高確があったりして、楽しかったです。

蒼天の拳2のゲームシステムの解説や打った感想が掲載。

バトルでは今回新たに「勝利」が加わり相手に勝つともう1ランク上のAT「激闘乱舞in上海」へ突入する仕組み。
分岐が増えたことで幅も広がり楽しさも増した感じ。

蒼天の拳2|more hungry?


秀宝乱舞

これ中段チェリーにする意味あるんだろうか?
別にカドチェでもいいんじゃね?なんて。。。

別の日に試打した時には
再始動ではない中段チェリーで
100G以上乗せたので
リアルレア小役でないと
あまり大きな上乗せはないのかな?
って考えるとリール演出で魅せるだけで
普通の毎G上乗せゾーンなんだなと。

あまり最強役の安売りは
しない方が良いと思います

今回の上乗せ特化の1つとなる「秀宝乱舞」について強く言及しています。

この秀宝乱舞は中段チェリーが降り注ぐ上乗せ特化ゾーンだけど、これ見るとちょっと…って感じだよね(;・∀・)

北斗最強役が+5Gや+10Gばっかって安っぽく見せちゃうのは頂けない。わざわざ中段チェリーにこだわる必要も無かった気が…。

さらに詳しい詳細については下記参照。
蒼天の拳2 スペック・天井・解析

 タグ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事