モンキーターン2ーロゴ
モンキーターン2 設定判別、設定示唆、設定変更後の挙動についてのまとめ。

波田野、青島など主要キャラクターに続き新キャラクターも増え盛り上がりを見せるモンキーターンの続編。前作同様にゲームス管理タイプだけど朝一リセットの挙動や小役差による設定判別など異なる部分は多々あるのでポイントだけでも抑えておきたいところ。

朝一設定変更後の挙動
  • リセット後の最大天井が512Gに短縮
  • リセット後は天井恩恵なし
  • 振り分けは前半より後半寄り


小役差による設定判別要素
  • AT初当たり確率
  • 超抜チャレンジ(CZ)突入率
  • 384G以内の解除率
  • 強チェリー・強チャンス目確率

ちょっと多いけど覚えておきたいポイントはこの辺り。

詳しい詳細については下記記事に解りやすく掲載されているので気になる部分は是非目を通しておきたい。

モンキーターン2 朝一リセット後の罠&ゾーン振り分け実践値 | パチスロ期待値見える化 『スロット天井・解析・攻略』


ゾーン振り分け実践値

400G以降に振り分けが集中!

実践上かなりの割合が天井最深部付近に集中していました。

ちなみに今回のサンプル300件の平均初当たり確率は約272分の1です。

これは設定2~3相当なので、0Gから当たるまで打ってもほぼ期待値ない可能性が高いと思われます。

512Gという浅い天井に惑わされない方が良いと思います。


モンキーターンⅡ 朝一の振り分けってどうなってるの?


朝一は20~40回転の部分が強くない

この台はAT後20~40回転の部分が異様に強い。1000G以降でのATは天国確定で、ほぼ40G以内の当選となっています。なので天国は早い当たりが強いのかと思いきや実はそうではない?

これは体感ですが、AT後の早い当たりの場合は基本的に超抜チャレンジからの当選だと思います。見ている感じ、AT後にすぐ超抜入ってそこでの解除って流れが多いと感じました


モンキーターン2 朝一(リセット・設定変更)狙い考察<スロット>


朝一、リセット狙いでの解除率についてですが、
実践では、

128G以内に約35%がATに結びついている様です


128以内の解除率の詳細は不明ですが、
新台で設定変更されやすい時期ですから、
狙い台として面白いですね。

ゲーム数解除は、基本的に前兆を経由して告知されますから、
優出モードの入り具合で、リセット判別していきます。


モンキーターン2 設定変更・リセット朝一挙動実践値571件 本当の狙い目は○○後!?*スロット・パチスロ*


一般的にアツいのはリセット後の天国ゾーンと思われがちなモンキーターン2において、この情報を知るかしらないかでは全く違うと言っていいと思います。

リセット後128Gとちょっと回してくれた台がまさにハイエナチャンスということになります。

また、このデータから見ても変更後200Gも回っていれば、優先的に狙ったほうが良さそうですね(^^)


モンキーターン2 レア役に設定差 設定判別・設定推測要素 “スロット新台”


モンキーターン2の設定判別・設定推測要素です。

設定差のある解析が判明しましたね。

まずはAT初当たり確率・超抜チャレンジ突入率ですね。

高設定ほど当たりやすいのは言うまでもありません。

また、前作ではなかったレア小役確率の設定差が有ります。


モンキーターン2 設定判別推測現状まとめ | Pachisuro House


実践では前作同様に高設定程、弱フラグからの超抜チャレンジに突入するケースが見受けられ、今作にも設定差はありそう。



モンキーターン2は前作に似たゲーム性だけに設定差つけるところも同じような箇所になってきちゃいますよね。

前作と同じであれば、384G以内の解除割合も設定6だと突出していてくれそうですね。
実践では、設定5と6は安定してAT初当たりと超抜当選してくれていたようです。


モンキーターン2の小役確率に関する解析が判明!大きな設定差がある小役あり!


上記がモンキーターン2の小役確率となりました。弱チェリー、強チェリー、ボート、強チャンス目の4つに設定差が設けられています。

ちなみに強チェリーと強チャンス目の2役合算確率は以下のような感じとなります。

強チェリーと強チャンス目の合算確率

設定1【1/208.1】
設定2【1/208.1】
設定3【1/208.1】
設定4【1/186.7】
設定5【1/172.0】
設定6【1/159.5】


モンキーターン2 設定判別要素 完全解析【スロット・パチスロ】


基本的にART初当り確率にも設定の影響は大きく出てます。
高設定は天国移行率はもちろん優遇されていて、大ハマリ(モードA移行)も少ないのに注目。
小役は強チェリー&強チャンス目の合算数値をカウントすると有効です。
これは通常時もART中もカウント必須で。
あとは、弱チェリーやボートでの超抜チャレンジも微妙な差がありますね。


モンキーターン2の朝一設定変更(リセット台)100本データ取ってみた: 爆裂王の負け日記~スロット勝ち組への道~


設定変更後128Gまで回した時の期待値

100台採取で+77.44枚=1548.8円!!
と、冒頭でお話したコイン3枚分が加算されるので1台辺り1608.8円です。

なかなかの数値なのではないでしょうか?
ただし、サンプルが100件なので信憑性は謎。ムラが上か下かどちらに働いているかだ。
ちなみに50件採取した時は+1800円位だったので上ムラすぎたようですw


モンキーターン2 レア役に設定差 設定判別・設定推測要素 “スロット新台”


設定差のある解析が判明しましたね。

まずはAT初当たり確率・超抜チャレンジ突入率ですね。

高設定ほど当たりやすいのは言うまでもありません。

また、前作ではなかったレア小役確率の設定差が有ります。

 カテゴリ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事