3月3日導入機種
3月3日導入となる三洋物産「聖闘士星矢2~黄金激闘編 」、大都技研「ンゴロポポス-ピンチ!捕われの爺」、ニューギン「グラップラー刃牙~最大トーナメント編」の初打ち前に抑えておきたいスペック情報まとめ。

ンゴロポポス-ピンチ!捕われの爺


ンゴロポポス-筐体
基本スペック
  • ゲーム数管理タイプの継続率テーブル管理ART機
  • 純増は約2.8枚
  • 天井:999G+前兆(最大36G)
  • 恩恵:ART当選+1/4で高ループテーブルを選択

大都版のGODと言われるその実力は!?

吸い込みもすごけりゃ吐き出しもすごい天国か地獄か?といったスペック。
勝負のキモとなるのは自力チャンス(3択OR6択)の神降臨(GOD揃い)ここのエスパー当て力なんじゃないかと。このチャンス自体は約1/1400で発生するので直感に優れた人ならウハウハなのは間違いなし。

逆に自分みたいに「2択でもハズす自信があるぜ!!」といった人はヒキで勝負ってことでフリーズ(約1/8000)を目指そう。
ヒキもウシジマくんの宇津井級なんすけど…」といった人はART時の5000枚テーブルが選択されることを祈ろう。
運の良さもラッキーマンの追手内洋一級なんすけど…」こういった人は勝てるビジョンが見えないので負ける気で打ってもらうか天井狙いに徹してもらうのが良いかと。

聖闘士星矢2~黄金激闘編


聖闘士星矢ー筐体
基本スペック
  • ゲーム数管理型の擬似ボーナス搭載AT機
  • 純増約2.8枚
  • 天井:999G
  • 恩恵:AT(聖闘士RUSH)確定

前作同様にゲーム数タイプのAT機だけど、中身のシステム面は大分変化。

今回は通常時に疑似ボーナスを加えることで初当たり自体は軽くなっているもののAT(聖闘士RUSH)に繋げられないとゴミボで終わるといったことも。その他、特化ゾーンや自力ゾーンなどが大幅に増えているので覚えるのがいささか大変かも(;・∀・)

この辺りの詳しい詳細は下記リンクを参照。



グラップラー刃牙~最大トーナメント編


グラップラー刃牙-筐体
基本スペック
  • ボーナス搭載のループ型ART機
  • 純増約2.0枚
  • 天井:ボーナス&ART間1280G+前兆
  • 恩恵:90%ループのART突入確定

バトル系のスロに相性の良いループ型のART機。

舞台は人気の高い最大トーナメント編となり登場人物も悪くはないけど、ART継続バトルの相手が柴千春>花山薫>烈海王だけしかいないってのはちょっと残念…。※勝利期待度は原作の強さ通り。
ここはやっぱもっと細かく設定してほしかったところ。原作にはない対戦パターンが楽しめれば原作ファンも食指が動きそうなのにね。

良い点は78%3ケタ乗せループとなる本機最大の上乗せ特化「オーガインパクト」が思ってたより現実的な数値ってところ。設定1でも1/2841なので簡単とは言わないけど最近の機種のフリーズなんかよりよっぽど現実的。

関連記事