喧嘩祭-かかってこい

☆『喧嘩祭』|トト倶楽部


KPE「喧嘩祭」のスペック詳細が掲載。

『激闘!西遊記』に続くアクセルAT第2弾機種で設定6の機械割119%越え!

通常時はゲーム数解除と本機の売りの1つ自力解除ゾーン「ガチチャンス」からボーナス(擬似)に繋げその疑似ボーナス連打で出玉を増やしていくゲーム性。

下記の初当たり解析見ての通り設定差が大分影響しそうなので使うホール次第で打ち手の印象は大きく変わりそう。

イベントあったころは119%機種全6!なんてもあったから設定6打てる機会は多少あったけど今はどうかねー。
初当り
1/248.8
1/240.2
1/230.1
1/205.8
1/178.3
1/147.4

出玉率
97.0%
98.4%
100.3%
105.0%
111.1%
119.1%

『喧嘩祭』新機種発表会:【一撃】発表会・メーカー取材レポート


確定
喧嘩祭の機種発表会の様子が掲載。

発表会では、機種の肝となるボーナス連打の秘密について解説。
実際どのようにボーナスの連チャンを引き起こすのか??
その鍵を握るのがJACシステム。
本機種は純増約3.0枚/GのAT擬似ボーナスで出玉を増やす仕様ながらも、怒涛のボーナス連打が売りとなっている。

そのボーナス連打の鍵を握るのは"喧嘩JACシステム"と呼ばれるものだ。

本機種のメインボーナスにあたる喧嘩祭BONUSは、20Gのボーナスゲームと8G×αのJACゲームによって構成されていて、ボーナスゲームでは2択のリプレイ外しとレア役によりJACをストック抽選し、JACゲームでは喧嘩祭BONUSをストック抽選するものとなっている。

このボーナスゲームとJACゲームのループが怒涛の出玉のカギを握っている。


機種説明以外にも試打レポートも掲載されているので、打つ前に目を通しておくのも良いかと。

KPE:喧嘩祭試打感想|ぱちんこ業界人Mのブログ


喧嘩祭りのシステムやスペック情報が掲載。

本機は疑似ボの連打で出玉を増やすわけだけど、それぞれ役割が異なるので最初はちょっと解りづらいかも。

まず基本ボーナスは3つ【神輿・喧嘩・JAC
神輿ボーナス中に喧嘩ボーナスのストック抽選を行いストックできれば喧嘩ボーナス

喧嘩ボーナス中はJACのストック抽選を行いストックできればJACゲームへ。

JACゲームでは喧嘩ボーナスのストック抽選を行いストックできればループするといった流れ。

早い話とにかくJACまで辿り着くことが大事。
JAC以外にも特化ゾーンからストックするといったルートも存在。

喧嘩祭|コジツケ君がゆく


筐体
スペックや機種詳細に加えて試打の感想なども掲載。

『乗せるより当てろ!』のセールストークの通りゲーム数乗せを排除しストック機のようなゲーム性は嫌いじゃない。ただ販売台数が3,000台ととても少ない(;・∀・)
激闘!西遊記と同様にレアな機種となり打ちたくても導入が無い!なんて地域もあるかと。

キャラクターはどっかで見たことあるような構図なので、親しみやすそうなんだけど…。

そんな喧嘩祭の導入日は4月21日だ!

テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事