img8ece996fzik9zj.jpeg
ブログ村を襲う黒い影…

不正ポイントを稼ぐものがいると話題になっているけど、真相は一体…

こう見えて自分はスロットブログ村に住み着いてから4年以上と以外と長いのだ
このブログは1年ちょい
なので村の歴史をそれなりに知ってるわけだけど、
今も昔も不正はなくならないね(;・∀・)

自動ポチツールだったり、トラフィックエクスチェンジなど問題度の高い不正クリックはさすがに対応済みかと思うけど、古典的な偽装クリックまでは、なかなか手が回りきってない感じ。

まず、偽装クリックの手口を説明する前にこちらをご覧頂こう。
ブロブ村ではバナーを作る際にはこのような説明があるのだ。
共有対象ファイルサイズ(容量)
240ピクセル×240ピクセル以内 最大100KBまで、
※240ピクセルを超える画像は1辺が最大 240ピクセル以内の表示サイズになるように自動的に縮小変換
※指定した画像より横幅が広いバナーは埋め込めません
ブログ村 オリジナルバナー作成画面

本来正規の手続きでバナーを作ると240ピクセル内のバナーができあがる。さらにバナー作成と共に下記のようなタグが与えられ、これを貼り付けるのが本来のやり方なのだ。
タグ

しかし、この手順を行わず自作で大きなバナーに貼り付けるといった手法が多い。
例えばこんな感じ↓
bf12da87.png
また、こすいテクニックとしては、黒い背景なら黒バナー、白い背景なら白バナーといったように極力ブログ村バナーを目立たなくする技もある。

ただね、上記不正は知らずにやってる人も多いと思うんだよね。
自分も昔知らずにやってたからw

言い逃れできないのは、あからさまな偽装。
例えばこういったもの。

偽装クリック


うみねこのなく頃にのメインPVがきたぞーーーwwww
いそげーーーーwww

PV.png

と、まあこんな煽りでも、かなりの確率で引っかかる。
もちろん自分もこんなことされたら引っかかるw
ちなみにリンクは張ってないからクリックしても平気

次に誘導リンク。

情報をひた隠しにしてきたユニバのまどマギのスペック情報がついに明らかになったぞ。
まさかこんなスペックで出してくるとはさすがユニバさんやで(;・∀・)
詳しい詳細はこちらを参照

こんな感じでブログ村へ誘導という手口。
この手のあからさまな誘導クリックは9割は自覚してやってると思うのでアウトといっていいかと。
こういったことをしているサイトは村長さんにチンコロすればこうなる。
村長

黒か白か?


能書きはいいから、不正してるブログばらせよ!!
まあ、こう思ってる人は多いだろうけど、ブログ村の各カテゴリ上位をザッと覗いた感じだと上記の知らずにやってるかもしれない誘導リンクが多数見られた。
中にはプログラム組んで不正しているところもあったけど、ほとんどは画像誘導がメインに見受けられた。

どのみちブログ村が示す手順ではないため、村長さんに報告すればなんらかの警告がいくかもしれない。クリックしやすい大きなバナーがなくなり標準サイズになれば自ずとクリック率も下がり正当な順位に収まっていくものかと思う。

ちなみに今回チェックしたカテゴリはスロカテ以外なのでもしギクッとした人が万一存在するなら安心してほしい。
ランキング疑惑をさらに詳しく知りたいのであれば

このお二方のブログをご覧頂くことをオススメするのだ。

正直、自分はランキングなんぞどうでもいいので、ダレかを糾弾するようなことはない。

最後にランキングに執着しない理由でも書いておく。

当ブログのランキング


ランキング
まずは当ブログのランキングをご覧頂こう。
うん。普通だね…
ネタにもならないよ…
上記りゅうさんのブログによると
ほっとんどのブログがIN1に対してOUT4~10ぐらいの比率になってるはずです。

らしいので、ぎりぎり不正疑惑持たれないですむラインに位置してるってくらい(;・∀・)

では、今度は解析で先月のリファラを見てみよう。
ハブスロ
まあ、随分と少ない数値…
アクセス全体の1%どころか小数点以下という結果w

1ヶ月間のUUが1000にも満たない。
これを見てお分かりのようにランキング不正したとしてもそこから得られるアクセスなんてたかが知れているのだ。

不正するくらいなら、我がブログにアクセス送って逆アクセスランキングにランクインしてもらえば倍返しをお約束する(宣伝
倍返しだ

最後に。
数あるランキングサイトの中でもブログ村は対応もキチンとしているほうなのだ。
例えばFC2ランキングなんて不正の巣窟で、10記事くらいしかない更新止まってるサイトが1位とかに普通にいるから驚きだ。

こちらでは気づいたら1位になってたけど、アクセスなんて雀の涙ほどなのだ。
ランキング

以上の事で解るのが、ランキングサイトに固執するより自分のコンテンツ育てたほうがよっぽど有意義な結果が得られると言うこと。をふと思ったジャグラーで負けた日の帰り道(´;ω;`)

 タグ
None
関連記事