筐体
2013年11月18日導入となる山佐の新感覚A+ARTスロット「スタードライバー輝きのタクト」のスペック情報

合言葉は!!「綺羅星☆(<ゝω・)」で綺羅星ラーを増やしたとか増やしてないとか噂の学園青春ロボットアニメ通称「スタドラ」がスロ化。

見どころとしては、上乗せ時に技術介入要素を取り入れた技術介入上乗せ
なんか文字見ると難しそうにも見えるけど、実際は2コマ余裕のある簡単目押しなのでそんな仰々しいものでもなかったでござる。
初心者でもタイミングさえ覚えちゃえばそう難しくはないぞ。

スタードライバーのスペック
スタドラのスペックは、A+ART(純増約1.8枚)と極ありふれた中身だけど、ART中ボーナスに上乗せ要素を含ませた新感覚A+ARTとのこと。
下記解析表見ての通りボーナス確率は若干重めでどちらかと言うとARTのほうメインになりそう。

PV



PV以外の試打動画などについてはスタードライバーの試打動画まとめ-BIG中の技術介入上乗せに注目を参照。

基本詳細


■通常時詳細
  • 学園ステージ
  • ビーチステージ
  • カフェステージ
  • 星空ステージ

■綺羅星モード
ARTの前兆ステージとなり期待度は約30%ほど

ボーナス詳細


■ザメクビッグボーナス
獲得枚数は普通のBIG同様に約205枚だけど、ザメクビッグは引けばARTも確定となる。

■BIG
こちらが通常のBIGとなり、獲得枚数は上記同様に約205枚

ART中のBIGでは上乗せ機能が発動するけど、通常時に引いたBIGに関しては上乗せ機能はなし。その代わり目押しすることによりART抽選は優遇されるので積極的に狙っていく価値はあり。

■ART中のBIGボーナス
通常時ボーナスと異なりART中に引いたボーナスからは本機のウリとなる「技術介入上乗せ」が発動だ。

ボーナス中の予告音発生でチャンスが発生し、2コマある目押しに成功すれば100%上乗せがされる。目押しのほうに自信がないようなら順押しで消化すればOK。ただこの場合の上乗せ期待度は75%となってしまうデメリットがあるので注意。

この「技術介入上乗せ」イメージ的にはひぐらしがなく頃にの「運命を選択しろ!」を想像すると解りやすいかな?あれより格段と簡単なはずだと思うけど。

ちなみに予告音発生確率は約 1/11ほど。

■REG
・獲得枚数:約55枚

■総会ボーナス
REG開始時にヘッド登場で突入するとなり、BAR揃い確率が約1/2.5にUP。ゲーム数は5G固定。

スタードライバーのART詳細


■ゼロドライブ
ART「ゼロドライブ」は1セット50G+αで純増約1.8枚の
ゲーム数上乗せタイプのART。

ループやセット数はないけど、以下3つの上乗せ特化を搭載。

■銀河ラッシュ
  • ART中のレア役から突入するゲーム数上乗せ特化ゾーン
  • 1セット5G+α
  • 全役で上乗せ抽選(リプレイ40%、その他100%)
  • 上乗せゲーム数:5G~1000G
  • 5G消化のバトル勝利で最大80%ループへ(50%~80%)

■封印解除
  • ART中の封印解除目から突入するゲーム数上乗せ特化ゾーン
  • 7揃い確率1/2
  • 7揃い最低4回保証

■ゼロアタック
  • BIG中の7揃いから突入する0G連ゲーム数上乗せ特化ゾーン
  • 継続回数:3回
  • 揃うレア役で上乗せゲーム数期待度変化

■リアルタイムフリーズ
BIG中の7揃い外すと突入のチャンスとなる新機能フリーズ演出。
フリーズ時間×10G上乗せとなるので、単純にフリーズしている時間が長ければ長いほどゲーム数が乗っかるシステム。

例えば10秒なら10×10=100G
といった具合にゲーム数が貰える。

時が止まれば止まるほどウハウハな演出なのだ。
そして時は動き出す


スタードライバーの天井ポイント


■天井
ボーナス間:1200G・1800G(ART間じゃないので注意)

■天井の恩恵・特典
1800GまでいくとプレミアムART「ザメク決戦
ザメク決戦は20G間1/2で上乗せ

■プレミアムザメクフリーズ
フリーズ演出から突入するプレミア役

恩恵はザメクボーナス+プレミアムART「ザメク決戦」+エンディングART(100G)+上乗せしたゲーム数分のART「ゼロドライブ」

通常時・ART時の打ち方


リール配列

左リール中段~下段にBAR絵柄か赤7絵柄を狙う。

角チェリー停止時

左リールの角にチェリーが停止したら中右リールにチェリーを狙ってもいいし、フリー打ちでも問題なし。

リール配列上フリー打ちでも強弱判別が可能な機種なので、わざわざチェリー狙わずとも判別ができる。

その見極め方は下記の通りとなり強チェリーの場合は下記3つの見極め方ができる。
  1. 2連で弱チェリー
  2. 中リール3連BAR停止で強チェリー
  3. 右リール上段赤7停止でで強チェリー
  4. 3連チェリーで強チェリー

※ちなみに払い出しのないチェリーならリーチ目確定。

中段チェリー停止時

左リール中段にチェリーが停止した場合はその他リールはフリー打ちでOK。

左リール上段スイカ停止時

左リールにスイカが出現した場合中リール、右リールとも
にスイカを狙う。この際赤7絵柄を目安にすると見やすい。

  1. 斜めスイカ揃いで弱スイカ

  2. 中段ベル揃いでレアベル

  3. スイカハズレで強チャンス目


左リール中段スイカ停止時

左リールにズルッと真ん中までスイカが滑ってきたら強スイカ確定。
この際、目押しが早かったりすると中段までスイカが滑ってこないため強弱判別ができなくなってしまう。そのためアツめの演出発生時には目押しは正確に。

BAR下段停止時

この場合中、右リールともにフリー打ちでOK。
弱チャンス目時に一枚役獲得する場合は中、右リールに赤7絵柄を狙う。

この停止役時の対応役は【ハズレ、リプレイ、ベル、綺羅星目、弱チャンス目】となる。
※弱チャンス目時にはフラッシュを伴う。

打ち方



ボーナス・ART時それぞれ目押し要素が存在。

ボーナス時

予告音がなければフリー打ちで、レバーオン時に予告音が発生したら、本機のウリとなる技術介入目押しがスタート。

この際逆押しで右中を適当押し、左リールに赤7ないしBAR絵柄を目安にチェリーを狙う。2コマの余裕があるからそう難しくはない。どちらかと言うと赤7のほうが狙いやすいかな?

また、目押しに自信がある人はビタ押しポイントも用意されている。これといった恩恵がないので無理にチャレンジすることはないけどたまには狙ってみて目押し力を試すのも楽しいかと。
して、そのビタ押しポイントとは左リールにはある【ベル・スイカ・ベル
この部分をビタ押ししてもOK。

目押し成功でART期待度UP。失敗で通常通りのART期待度。

ART時

ART時は押し順に従って打ち、演出発生時は通常時手順にて消化。

予告音発生時は上記手順と同様に目押しチャレンジ開始。
目押し成功でゲーム数上乗せ。失敗でゲーム数上乗せなし。
そのため、ART中目押しに自信がない人は順押しで消化すれば75%でゲーム数上乗せが獲得可能。

補足詳細


■販売台数
販売予定台数は5,000台

■導入日
導入日:11月18日

スタードライバーのスペック・解析


スタードライバーのスペック表
設定ボーナス確率ART確率合算確率機械割
11/297.91/385.61/168.197.5%
21/292.61/364.21/162.299.0%
31/282.51/338.81/154.0102.0%
41/277.71/314.81/147.5104.0%
51/268.61/294.91/140.6107.0%
61/260.11/277.81/134.3110.0%

 カテゴリ
テーマ - パチスロ  ジャンル - ギャンブル
関連記事